子供の身長関連データ

 

成長ホルモン分泌不全性低身長症とは脳のなかにある下垂体という器官から分泌される成長ホルモンの量が少ないために、成長率が悪くなり低身長になる病気です。

 

低身長は、身長SDスコアが−2SD以下と定義され、

 

◆身長SDスコアを調べる  

男の子  女の子

 

低身長の割合は同性・同年齢の2%〜3%ぐらいになります。

この低身長のなかで「成長ホルモン分泌不全性低身長症」は5%以下です。

 

※身長SDスコアが−2SD以下だとしても必ず「成長ホルモン分泌不全性低身長症」というわけではないということです。

 

SDスコアが−2SD以下の場合「成長ホルモン分泌不全性低身長症」かどうかを調べるには成長ホルモン分泌刺激試験という検査を行います。

 

GHRP−2、Lドーパ、インスリン、グルカゴン、クロニジン、インスリン、アルギニンのうち2つ以上の試験で成長ホルモンの最大値が6ngml以下の場合※GHRP−2では16ngml以下

成長ホルモン分泌不全性低身長症と診断します。

 

成長ホルモン分泌不全性低身長症の症状は成長率の低下と低身長だけです。

先天的に重症の成長ホルモン分泌不全がある場合には、新生児期に低血糖が認められることがあります。

 

成長ホルモン分泌不全性低身長症の原因は約95%は明らかでなく、特発性と呼ばれます。

約5%は、脳腫瘍(頭蓋咽頭腫(ずがいいんとうしゅ)が多い)などの器質的な原因で起こります。

 
 

治療方法は成長ホルモンを投与することで、成長率の改善を図ります。

成長ホルモンは注射しかないため、遺伝子組替え成長ホルモンを体重1kgあたり0・175mgを1週間の量とし、週6?7回に分けて投与します。

 

成長ホルモン治療は自己注射が認められているので、小さい時は両親が、大きくなると本人が注射の打ち方を習い、基本的に毎日寝る前に皮下注射します。

 

1年目は平均8cmぐらいの身長の伸びが認められますが、2年目、3年目と伸びは落ちていきます。

そのため、1?2年目は他の子どもの背に近づきますが、そのあとは徐々に近づくというくらいの効果です。

すぐに正常身長になるというような治療ではなく、長期治療した例の成人身長の平均は、現在の多数例のデータでは、男性で160cm、女性で148cm前後です。

 
 

現在、低身長でなくても、成長率の低下がみられる時、学校での背の順が前になってくるような時は、必ず小児内分泌専門医に診てもらってください。

成長ホルモン分泌不全性低身長症以外のホルモンの病気が隠れている時があります。

成長ホルモンを投与する場合も、成人身長に対する治療効果は、専門医と一般医では差が認められるので、低身長が認められたら、小児内分泌専門医に相談することをすすめます。

続きを読む≫ 2016/11/16 15:47:16

うちの子は大丈夫?平均身長を確認する 男の子

 

うちの子は大丈夫?平均身長を確認する 女の子

 

 

 

同年齢の子供に比べて極端に背が低い場合など、低身長症の可能性が疑われます。
 

低身長症とは子供の背の高さや伸び率が、著しく低い場合のことを指します。

 

低身長症となる基準には平均身長より著しく低い場合と、1年間背の伸びが著しく悪い場合があります。

 

低身長症には生活習慣やストレス、遺伝などの要因による病気が原因でない場合と、病気が原因の場合のケースがあります。

 

病気が原因でない場合は父や母の背が低い遺伝的な要因と、生活習慣などが影響した環境性のものがあります。

 

ストレスが多い環境や運動不足、極端に食が細い場合や好き嫌いが激しいことによって、成長に必要な栄養素が摂取できず栄養状態の悪さが身長の伸びに影響を与えてしまいます。

 

他にも遺伝や栄養状態などの悪さに関係なく病気でもないケースもあり、特発性低身長症体質性低身長症非内分泌性低身長症と呼ばれます。

 

病気が原因の場合は成長ホルモンの異常によって、骨の成長を促進する働きが低下してしまい身長が伸びにくくなってしまいます。他にも甲状腺ホルモンにも骨を成長させる働きがあり、不足することによって低身長の原因になります。

 

 

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

 

また出生時に平均よりも身長と体重が小さく生まれる、子宮内発育不全によっても低身長になります。しかし多くの場合は3歳までに標準の身長に追いつきますが、まれに伸びが悪くなり平均より著しく低くなる場合があります。

 

染色体の異常によっておこるターナー症候群やプラダー・ウィリー症候群の症状による低身長や、骨・軟骨の異常の軟骨異栄養症などによるもの、心臓や肝臓、消火器などの内臓疾患により栄養が十分に取り込むことが出来なくなることなども原因になります。

 

低身長症は原因になる要因が様々であり、原因に合わせた治療を行うことで改善が期待できます。ホルモンの影響によるものなどは早めに治療することが大切なので、子供の低身長が疑われる場合は早めに専門医などに相談するようにしてください。

 

子供の背を伸ばしたい!おすすめサプリランキング

 

続きを読む≫ 2016/11/15 15:47:15

子供の身長を伸ばしたいと思う人が、その方法で悩まれる親も多いようです。
また子供自身もそのことで悩まれているケースも珍しくありません。

 

そもそも身長を伸ばすためには子供の骨と骨の間の隙間にある、軟骨が成長ホルモンの影響を受けて増殖するからです。
この成長ホルモンですが、運動によって分泌されます。

 

よく筋肉をつけすぎると骨の成長を阻害してしまうため、あまり子供には運動をさせない方が良いということが言われます。
しかしこれは間違った情報で、筋肉にそのような力はありません。

 

むしろ運動を行なっている状態の時の方が成長ホルモンが分泌されているので、背を伸ばすためには必要不可欠なものとなります。
一方で過度に関節に負担をかける運動はよくありません。

 

これは軟骨を傷つけ身長が伸びにくくなる原因となるからです。
ゆっくりとランニングを行なったり、水泳などで全身運動を行うのが良いでしょう。

 

また睡眠時にも成長ホルモンは分泌されます。
ですから子供はしっかりと寝かせた方が良いとされています。

 

またサプリを使うことも大事になってきます。
その理由を三つ紹介しましょう。

 

まず一つ目です。
それは前述のような方法を行なっていても、体質的に身長を伸ばすための体内物質がうまく分泌されないケースがあるからです。
遺伝などによって背の低い家系などもあります。

 

このような遺伝子を持っていると日々の生活からの改善は難しいのでサプリに頼るべきなのです。
また子供が運動をしたがらない、あるいはすぐ夜更かしをしてしまうというご家庭もあるでしょう。

 

このような場合にはサプリによって、その成長物質を補うことによって背を伸ばす効果を期待するのが重要です。
二つ目は子供の身長に重要な物質としてアルギニンという物質に関わることです。

 

アルギニンとはアミノ酸の一種のことでタンパク質を作る成分です。
タンパク質は軟骨細胞の原料となり、成長ホルモンの働きかけによって骨を伸ばすという作用があるのです。

 

このアルギニンは大人の場合であれば体内で生成することができるのですが、思春期くらいまでの子供では外部から取り入れなければ足らないのです。

 

サプリにはこのような物質が配合されているので有用というわけです。
三つ目の理由ですが、成長ホルモンの働きを高めてくれる物質を、体内で生成されるものに加えて外から補うことができるからです。

 

生体栄養成分であっても体で作られる分だけでは足りないことはよくあることなので、サプリを使うのが良いというわけです。

続きを読む≫ 2016/11/15 15:18:15

子供の身長というのは、本人からしてみるとかなり気になるもの。
他の人より1cmでも高くなりたい!と思い続けたのは懐かしい思い出ですが、

 

何歳の時に、どのくらい伸びるか?というのは個人差がありますので一概に言いきれません。
また、男女間においても成長期を迎えるタイミングが違いますので、

 

月齢によってかなりバラつきがありますが、今回はその伸び率を検証していきましょう。

 

【男の子】

 

12〜13歳の身長の伸びが8.6p。

 

13〜14歳が8.7p、

 

 

【女の子】

 

12〜13歳の身長の伸びが4.2p

 

13〜14歳が2.2p

 

一般的には女子の方が、男子よりも先に成長期を迎える傾向が強いので、

 

実際、この月齢の子供たちを男女で比較すると、女の子の方が背が高く体格もしっかりしていて、

 

逆に男子の方が小柄で細身、という傾向が見られてもおかしくありません。

 

大げさな話ではなく、この時点で身長が165p…という女子がいます。

 

そして、中学生になる頃の13歳くらいになると、今度は男子が成長期を迎え始めますので、

 

男子が本格的に大きくなり始めます。私自身、やはり中学入学直後のこの時期から背が伸び始め、

 

中学1年生の1年間で10cm以上伸び、母親と姉を追い抜きました。
この時期に伸び始めるお子さんも多いと思います。

 

14歳・15歳頃になると、伸びが落ち着いてくる男子もいますが、
このくらいの時期から急に伸び始める男子もいます。

 

一方、女子では個人差があるものの、このくらいの月齢では伸び率が落ち着いてくるのが
一般的です。伸びても年間で2〜3cm伸びるかどうか、といったところでしょうか。

 

私も中学時代、この月齢時には身長の伸びは落ち着きを見せ始めましたが、
最終的には中学3年間で20p以上伸びました。

 

この12歳〜15歳くらいの年代は、いわゆる『第二次成長期』と呼ばれる時期で、
体に著しく変化が見られる時期でもあります。

 

 

もちろん、例外はありますが大多数の人がこれに当てはまると思います。

 

また、体形においては遺伝的な要素がとても強く影響します。

 

両親が大きいと、子供も大きいというのは珍しくありません。

 

体格も父親母親どちらかに似てくるといいますので、伸び率もご両親の
影響が色濃く反映されているかもしれません。

 

こうしてみてみると、この月齢の成長がいかに背丈に影響してくるかが分かります。

 

本人の『背を高くしたい!』という努力も大切ですが、それを支える我々保護者も、
食事面などでサポートしていきたいですね。

 

続きを読む≫ 2016/11/01 13:00:01

今や国民的グループを次々と生み出し続けているジャニーズ事務所。
そして、そんなスターたちがかつては下積みを積んでいた現場、ジャニーズジュニア。

 

小学生、中学生といった成長盛りの男の子たちが集うこの団体ですが、
果たしてこの子たちの身長はどのくらいなのでしょうか?

 

まず、普通にテレビに出ているジャニーズタレント達の身長を調べてみましょう。

 

・嵐の櫻井翔さん=171cm
・TOKIOの長瀬智也さん=184cm
・kiss-My-Fit2の玉森裕太さん=177cm
・SMAPの木村拓哉さん=176cm
・kinkkikidsの堂本剛さん=165cm

 

さすがに大人の男性なので、背格好もそれなりです。

 

さて、主に小学生から高校生くらいの年代で占めているジャニーズジュニアのメンバーですが、

 

数年前の主力メンバーから抽出したデータから計算してみたところ、平均身長が169cmと出ました。

 

これは様々な世代のメンバーから選ばれたので、数値にもバラつきがかなりあります。

 

一番小さい子で150cm、一番背が高い子で185cmとあります。
(抽出人数69名、年齢層は15歳から27歳まで)

 

ちなみに、私が無作為に挙げた上記ジャニーズメンバー5名の平均が174cmです。

 

この数値は、平均身長が一番高い30歳〜34歳の平均値171.92という数値を上回っています。

 

もちろん、上記5名も世代がバラバラですが、どちらかというと背が高い方に分類される人が多いでしょう。

 

今回調べたジャニーズジュニアメンバーに関して言わせて頂ければ、

 

170cm台後半のメンバーが少なく、それ以下のメンバーが半数以上をしたていた上に出力した数値なので、

 

これを考えると、平均値よりもやや低めの身長であるといえます。

 

なぜそれほど背が高くないか?という疑問に対してですが、まず考えられるのが、

 

芸能活動という不規則な生活になりがちな中で、激しいダンスや振り付けをする事で、

 

必要以上の筋肉がついてしまう…という事が挙げられています。

 

確かに、他の一般中学生でしたら、授業が終わって部活で体を動かし、

 

帰宅後にバランスの取れた食事をたっぷり食べて、多めの睡眠時間をとっているのに対し、

 

芸能活動の現場に通ったり、活動時間が限られる中で体を酷使するのは運動とは違いますし、

 

ダンスのレッスンなどすれば、睡眠時間も短くなりがち。

 

これでは、いくら成長期でも伸び率は低いでしょう。

 

確かに背の高いメンバーもいますが、中学までは一般人だったり、元々が背が高かったりと、

 

そもそもの背の高さが違うようです。

 

スタイルの良い子が多くいるジャニーズジュニアとしては、意外な平均値だったのではないでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/30 13:03:30

子供は一年間でどれくらい身長が伸びるものなのか、親としてはとても気になる所です。

 

私は自分が150p以下と背がとても低いため、自分の子供には身長で悩む事がないようになって欲しいと思ってきました。

 

そのために、必要と言われる栄養をきちんととれるよう、バランスの良い食事を心がけてきました。

 

運動があまり好きな子ではありませんが、適度に身体を動かす事が身に付くように努力もしてきました。

 

幼稚園の頃、男の子たちの背の高さに大きな差を感じる事はありませんでした。

 

ちょっと大きいなと思える子はいましたが、自分の子が前の方であっても周りと少ししか差がないので気にしていませんでした。

 

ただ、一年間の伸び率が大切だ、と言う事は勉強していたので、グラフを付けてきちんとどのくらい伸びているか、成長曲線がきちんとできているか把握してきました。

 

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

 

誕生からの一年間の伸び率は大体25pと非常に大きくて、その後もあっという間に乳児が幼児になって行くような成長でした。

 

赤ちゃん時代が懐かしく、少し寂しく感じるほどの成長ぶりでしたが、その後は一定の割合で伸びて行く感じで成長してきました。

 

大体毎年5pほどの伸びでしたが、小学校高学年になるとぐんぐん成長する子もいるので、大きい子と小さい子の差が目立ち始めました。

 

その頃になると真ん中くらいの身長だった私の子も背が高い子と比べると頭一つ分くらい差があるのです。

 

小さい子と比べても頭一つ分くらい差があるので、個人差が大きい時期なのでしょうが、その頃からまた伸びが気になり始めました。
ぐっと伸び始めたのは小学校を卒業してからです。

 

思春期になり、いわゆる成長期が来たのだと思いますが、あっという間に私も追い抜かれてほっとしました。

 

一年で10p近く伸びた時期なので、この時期の栄養補給はとても大切だと思い、気を付けていました。

 

骨がどんどん伸びて行くので骨が丈夫に成長できるよう、特にカルシウムを積極的にとれるように気を付けました。

 

今もどんどん伸びているのですが、この2年間の急激な伸びが終わると徐々に伸び率は低くなるそうです。

 

そうなるとあと数年、17歳までが身長を伸ばすチャンスだと思うので、栄養をよく考えて食事を作らなくてはと思います。

 

栄養はとれているようで、吸収率などが違うので、たりない事もあります。

 

食事だけでなく、効率よく身長を伸ばすための栄養素が取れるサプリメントなども上手に利用していきたいと思っています。

続きを読む≫ 2016/10/28 02:04:28

子供の身長は親としてとても気になるものです。

 

私は自分が背が低い事がずっとコンプレックスだったので、普通の人よりも大きくなって欲しいとか贅沢は言いませんが、平均より少し上くらいになってくれたら本人も身長を気にしなくれ良いだろうと思っています。

 

身長は一年間の伸び率と言うものをよく見て行くと良いと聞いてきたので、毎年きちんと病院でもらった用紙にグラフを書いてきました。
成長曲線というグラフを書き込んでいくのですが、平均の幅に入っているかなども分かるので安心します。

 

小さい頃は正直あまり周りとの差も感じなかったので気にしていなかったのですが、小学校に入ると一番大きい事一番小さいこの差がとても大きい事に驚きました。

 

頭一つ分以上違ったりするので、6歳の段階でこれだけ差があると、一年ごとに広がっていきそうだなと思ったのを覚えています。
6歳、7歳、8歳、9歳の平均伸び率はだいたい5pから7pの間だそうです。

 

この期間の伸びがある程度一定で右肩上がりになっていれば、一番の成長期が来る思春期には8pから多い子では10p近く伸びるそうなので、そこに向けて毎日きちんと栄養と睡眠を取らせるようにしています。

 

グラフを書くのはきにしすぎだ、子供にとってもあまりよくないと言われた事もありますが、私にとってはとても良い参考になっています。

 

子供はずっと真ん中か、真ん中よりちょっと手前くらいのごく平均的な身長なので、けっして周りの子と比べて落ち込んだりしたわけではありません。

 

ただ、親が出来る事があればしてやりたいと思って成長曲線を記してきました。

 

私の子供は7歳、8歳の時期は正直伸びがあまり良くありませんでした。

 

5p伸びてくれると安心なのですが、少し足りない事もあって、気になっていました。

 

その頃から身長を伸ばすのに役立つサプリメントを調べたり、カルシウムのほかに必要な栄養素を食事やおやつでとれるように心がけてきました。
9歳の時には7pほど伸びたので、これからぐんぐん伸びて行って欲しいと思っています。

 

夫婦ともに小柄なので、こどもには背が低いことを引け目に感じる必要のない人生を送って欲しいと思っています。

 

特別嫌な思いをしたわけではありませんが、洋服を選ぶ時や、背の順に並ばされる時などなんとなく肩身が狭くて、小さな体が余計に小さくなるような思いをしてきました。

 

良いサプリメントも見つけたので、是非大きくなって欲しいです。

続きを読む≫ 2016/10/28 02:01:28

生まれたときに、平均よりも少し小さく生まれてしまった場合には、その後の伸びが気になってくるものです。

 

同年代の子達と比べたときに、少し小さい気がするのであれば、何か異常があるのかもしれないと心配になってくることでしょう。

 

子育て支援センターなどに行くと、たくさんの同年代の子供たちに会うことが出来ますが、同じ年齢の子供たちがみんな我が子よりもかなり大きいとなると、どうしても気になってしまうはずですが、あまり気にしすぎるのはよくないかもしれません。

 

一年間でどのくらい伸びたかによって、判断をしていってもいいですので、どのくらい伸びるものなのかを知っておきましょう。

 

身長の伸び率というのは、その年代によっても変わってきます。

 

まず3歳から4歳の間ではどのくらい伸びることになるのでしょうか。

 

男の子の場合は、一年間で7cm程度伸び、女の子の場合も同程度伸びるようになっています。

 

次に、4歳から5歳の間では、男女ともに6.6cm程度伸びるのが一般的です。

 

そして、5歳から6歳の間には、6.2cm程度伸びるでしょう。

 

これはあくまでも平均的な伸び率ではありますが、これを大きく下回るようなことがなければ問題ないでしょう。

 

そして、今までは平均的に伸びていたというのに、急に伸び率が悪くなってきたような場合は心配です。

 

そういった場合にも早めに病院に行き、医師の指示を得るようにしなくてはなりません。

 

子供の成長には個人差がありますが、それがわかっていても親としては心配になってしまうものです。

 

他の子よりも大きければ安心してしまいますが、小さすぎる場合にはなぜ小さいのかと心配になるのは当然でしょう。

 

身長の伸びはその子のペースもありますが、中には病気が隠れている場合もありますので、放置していい場合とそうではない場合があることを知っておきましょう。

 

病気が隠されている場合には、早めに診断を受けることによって、対処をしていく方法があります。

 

男の子の場合は、小さいことによって将来いろんな面で影響を受けてしまう場合もありますので、子供のためにも異常がないかを発見してあげなくてはなりません。

 

子供の身長を伸ばしていくためにも、しっかりと睡眠をとらせるようにし、栄養バランスを考えた食事を作り食べさせてあげましょう。

 

そして外でしっかりと運動をして遊ぶことも必要ですので、一緒に外で遊ぶようにして、健康的な体作りをしていかなくてはなりません。

続きを読む≫ 2016/10/28 02:00:28

SD値とは

 

子どもの身長が同性同年齢の子どもの平均値よりどれだけ離れているかという幅を数値であらわしたものです。
同じ年齢の子どもの身長を測ると、全員が同じ身長ということはありませんので計測値にばらつきがあります。
そこで平均値からのばらつきの大きさ、つまり分布の幅をSD(標準偏差)という数値であらわします。

 

一人ひとりの子どもの身長が、同じ年齢の子どもと比べてどれくらい高いか、低いかを、平均値からSDの何倍離れているかによってあらわす方法がSD値(SDスコア)です。

 

SD値が?2SDより低い身長の人は全体の2.3%(1,000人のうち約23人)にあたり、低身長と呼んでいます。

 

下の表は男の子年齢別の平均身長・SD値の表になります。  女の子はこちら

 

 

【男の子】

 

0才
 

 

1才

 


 
 
 

2才

 
 
 
 

3才

 


 

 

4才

 


 
 

5才

 


 
 

6才

 

 
 

7才 


 
 

8才

 


 

 

9才

 


 
 

10才

 
 
 
 

11才

 

 

12才

 


 
 

13才

 


 
 

14才

 


 
 

15才

 


 
 

16才

 

 

 

17才

 
 

 

子供の背を伸ばしたい!おすすめサプリランキング

 

続きを読む≫ 2016/10/19 11:16:19

SD値とは

 

子どもの身長が同性同年齢の子どもの平均値よりどれだけ離れているかという幅を数値であらわしたものです。
同じ年齢の子どもの身長を測ると、全員が同じ身長ということはありませんので計測値にばらつきがあります。
そこで平均値からのばらつきの大きさ、つまり分布の幅をSD(標準偏差)という数値であらわします。

 

一人ひとりの子どもの身長が、同じ年齢の子どもと比べてどれくらい高いか、低いかを、平均値からSDの何倍離れているかによってあらわす方法がSD値(SDスコア)です。

 

SD値が?2SDより低い身長の人は全体の2.3%(1,000人のうち約23人)にあたり、低身長と呼んでいます。

 

下の表は女の子の年齢別の平均身長・SD値の表になります。  男の子はこちら

 

【女の子】

 

0才
 

 

1才

 
 
 
 

2才

 
 
 
 

3才


 
 

 

4才


 
 
 

5才


 
 
 

6才

 

 
 

7才 


 
 
 

8才


 
 

 

9才


 
 
 

10才

 
 
 
 

11才


 

 

12才


 
 
 

13才


 
 
 

14才


 
 
 

15才


 
 
 

16才


 

 

 

17才

 
 

 

 

子供の背を伸ばしたい!おすすめサプリランキング

 

続きを読む≫ 2016/10/19 11:16:19

子供の成長の一つとして背の高さがあります。
大きく生まれるとスタート位置に差ができ背が高くなる子供が多いです。

 

遺伝も大きく関係します。
両親のどちらかが大きければ子供も背が高くなり小さければ子供も小さいです。

 

このような先天的要因も大きく関係しますが、まずは成長のバロメーターとして平均身長なら安心できます。
幼少期の場合は、平均身長を調べるには母子手帳に記載がありますので検診が済んだらわが子がどのあたりの値かチェックすればよくわかります。

 

平均以下ならミルクの量を足して調節します。平均以上なら現状維持でいいでしょうが体重も平均以上なら少し制限する必要があります。
最近は栄養が摂れ過ぎて子供でも糖尿病などの成人病にかかるので今のうちにセーブすることはお子様の健康のためにも大切なことです。

 

さて、どんどん成長して小学校も高学年になると成長に個人差が出てきます。
学年による平均身長は保健の先生が提示していますが、あまり気にされない方が良いです。

 

参考程度にとどめておいて周りのお子さんがぐんぐん伸びても神経質にはならないことです。
特にこの時期は男の子より女の子の成長が目覚ましいのです。しかし、生理が始まるとその成長は遅くなりやがては止まってしまいます。

 

早いお子さんでは中学生で背が伸びなくなってしまいます。
その間に成長の遅かったお子さんがぐんぐん伸びだして逆に追い抜かしてしまうことも良くあります。

 

男の子は確実に女の子を抜きます。
ですから、子供の背の伸び方は実に個人差がありますので、平均身長は目安として考えておくのがベターです。

 

親が神経質になると子供もプレッシャーです。リラックスさせてあげると自由に成長します。
大人になって背の伸びが止まった時に平均身長であればいいです。

 

もし、平均以下でも気にすることはありません。
体型も個性ですし、何より健康で体内が正常に機能していればいいのです。平均身長以下は病気ではありませんのでご安心ください。

 

◆年齢別平均身長・SD値一覧表◆ 

男の子 女の子

 

子供の背を伸ばしたい!おすすめサプリランキング

 

続きを読む≫ 2016/10/12 18:12:12

文部科学省が毎年行っている学校保健統計調査の結果では子供の年齢別平均身長は次のようになっています。

 

2015年(平成26年)の平均身長

 

(男子)

 

幼稚園5歳  110.4cm

小学校6歳  116.5cm

中学校12歳  152.6cm

高等学校15歳 168.3cm

 

 

 

(女子)

 

幼稚園5歳  109.4cm

小学校6歳  115.5cm

中学校12歳  151.8cm

高等学校15歳 157.1cm

 

 

身長の伸びには個人差があり、これもあくまで参考として長期的な視点で子供の背が伸びやすいように環境を整える必要があります。

 

もっと詳しく

◆年齢別平均身長・SD値一覧表◆ 

男の子 女の子

 

例えば6歳の男の子は7歳までの1年間で平均で5.8cm伸びます。
6歳の男の子の成長の特徴は、4歳から思春期の到来(一般的に男の子は11歳半、女の子は10歳前後)までは年間で5pから7pずつ伸び続けて少しずつ伸びが減っていきます。

 

子供の骨は両端に骨端線(成長線)と呼ばれる軟骨部分があって、この部分が成長することで身長が伸びます。
ただこれはある年齢になると固まってしまい、その後は何をしても基本的には背は伸びなくなります。

 

骨端線が固まって背の伸びが止まる前に、栄養と睡眠、運動などの生活習慣の改善が必要です。
普段の食事に加えて成長に欠かせない栄養素をバランスよく配合してあるサプリなどで、不足しがちな栄養素を補うのもおすすめです。

 

12歳の男の子の成長の特徴は、男の子は11歳半あたりで思春期を迎えると約2年間は8pから9cmぐらい急に伸びてきます。
年間の平均成長率を比較すると最も成長するのが1歳から2歳の間で10.3cmですが、次に大きく成長するのが12歳から13歳の
8.6cm、続いて13歳から14歳の8.7cmです。
11歳から14歳は背を伸ばすときには一番大切な時期ともいえます。

 

15歳の女の子の場合、骨の両端にある骨端線が男子だと16歳前後、女子だと15歳前後で思春期を終えて閉じます。
女の子は12歳あたりから3年間は徐々に伸びが減り、約4cmから2p、続いて1p程度の伸びが一般的です。

 

 

子供の背を伸ばしたい!おすすめサプリランキング

 

続きを読む≫ 2016/10/05 18:51:05

 

 

幼児の平均身長は、

 

男の子

3歳・・・約87cm〜100cm

4歳・・・約90cm〜108cm

5歳・・・約100cm〜115cm

となります。

 

 

女の子

3歳・・・約80cm〜95cm

4歳・・・約92cm〜105cm

5歳・・・約97cm〜112cm

 

となっており、全体的に男の子の方が女の子よりも少し高めの統計が発表されています。

 

年齢が上がるにつれ、身長の差が徐々に拡がっている事が分かります。それぞれの歳の最低身長を大きく下回る場合は、低身長ということも考えられます。
一概に病気というわけではなく、低身長にもそれぞれ理由があり、まず考えられるのは遺伝要素が原因の場合です。

 

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

両親共に身長が平均を大きく下回っている場合は、その子供も低くなる可能性は高くなります。次に体質が原因となる場合です。 
乳児期や幼児期は、胎児の頃のホルモンバランスや栄養状態がそのまま反映されるため、その度合いによっては低くなる事があります。

 

それらの影響によって成長に伴い背が高くなる子もいれば、平均より低いまま成長していく子もおり、個人差があります。
妊娠中の妊婦の食生活が直接の原因となる事はありません。

 

身長を伸ばすためには、カルシウムとタンパク質が重要であるとされており、牛乳を飲むだけでは背が伸びない事が分かっています。
毎日のバランスの良い食事が身長の伸びに作用します。

 

また、幼児期に平均を下回っていても小学校高学年や中学生、高校生といった成長期と呼ばれる年頃に伸びる場合もあり、幼児期に低くても大人になると背が平均よりも高くなったという例は珍しくありません。

 

特に幼児の頃の体型は個人差が大きいとされますが、身長の高い低いだけではなく、体重と合わせて計測し、肥満気味になっていないか、全体的なバランスが取れているかどうかを見る事が、健康に育っているかどうかの目安となってきます。
気になる場合は医師に相談し、判断を仰ぎます。  

 

◆年齢別平均身長・SD値一覧表◆ 

男の子 女の子

 

 

子供の背を伸ばしたい!おすすめサプリランキング

 

続きを読む≫ 2016/10/04 19:18:04

中学生の平均身長は

 

男子の場合、

入学時で152cm

卒業時で165cm前後となります。

 

女子の場合は、

入学時で151cm、卒業時で156cm前後となります。

 

男子の場合、まだ成長期が続いており、この期間に身長が大きく伸びる事が多いのに対し、女子の場合、成長が落ち着きそれ程伸びないという事が多くなります。
この時期に少しでも背を伸ばしたいと考えるのであれば、食事と睡眠と運動を意識しておく事が大切です。

 

背を伸ばす為にはカルシウムが重要で、牛乳を飲む事が大切と考える人は少なくありませんが、牛乳は直接身長には影響をしない事が殆どです。
それよりも、骨や体を作るタンパク質をしっかりと摂取する事が大切です。

 

そして勿論、栄養バランスにもしっかりと気を使っておく事が重要になります。
更に、中学生位になると、夜ふかしをする人も増えてきます。

 

ですが、身長を伸ばしたいのであれば、睡眠中に分泌される成長ホルモンも必要になってきます。
その為、夜更かしや徹夜等をして、睡眠が足りていない状態になれば、背が伸びにくい状態になってしまいます。

 

成長期を過ぎてしまうと、更に背が伸びにくくなる為、この時期にしっかりとした睡眠をとるようにしておく事がおすすめです。
そして、運動もしておく事がおすすめです。

 

 

子育てママが選ぶ!子供の身長を伸ばしたいと思ったらこのサプリ

 

 

運動をすれば、それだけ成長ホルモンが分泌されやすい状態になります。
ですから、運動を全くしないよりは、運動をしている方が、より背が伸びやすい状態になります。

 

運動の中でもおすすめなのが、ジャンプをする等の、縦に体を動かす運動です。
それにより、成長ホルモンがより活発に分泌されやすい状態を作れます。

 

この時期にしっかりと背を伸ばしたいのであれば、日常的に運動をする機会を作っておく事がおすすめです。
中学生という時期は、身長が伸びやすい時期ですが、実際に伸びるかどうかは日常生活の状態も大きく影響してくる事になります。
ですから、背が高くなりたいのであれば、日常生活の見直しをしておく事がおすすめです。

 

◆年齢別平均身長・SD値一覧表◆ 

男の子 女の子

 

 

子供の背を伸ばしたい!おすすめサプリランキング

続きを読む≫ 2016/10/04 19:07:04

小学生の間は、成長ホルモンの分泌が活発になり始め、身長が最も伸びる時期です。
お子さんの成長が平均から外れていないか気になる親御さんも少なくないでしょう。
そこで今回は小学一年生から六年生までの平均身長を詳しく見ていきましょう。

 

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

 

小学一年生の平均は男子が116.6cm、女子が115.6cmと言われています。男女の体格差はまだそれほど見られません。

 

小学二年生の平均は男子が122.4cm、女子が121.6cmです。

 

小学三年生の平均は男子が128.2cm、女子が127.3cmです。

ここまでは女子より男子の方がわずかに大きいですね。

 

小学四年生の平均は男子が133.6cm、女子が133.6cmです。

このあたりから女子の成長ホルモンの分泌が活発になり、急激に身長が伸び始めるので体格差が最も小さくなります。

男子が急激に大きくなる時期はもう少し先なので、伸び方がゆるやかでも心配する必要はありません。

 

小学五年生の平均は男子が139.0cm、女子が140.1cmです。ついにここで女子が逆転します。この時期の女子は体が急激に大きくなるだけでなく、初潮が来るなど大人の体になる準備が始まります。一方男子はまだ目に見えるほど急激な成長が始まっていない子どもがほとんどです。

 

小学六年生の平均は男子が145.0cm、女子が146.8cmです。男女の体格差が最も大きくなります。しかしこのあたりから男子にも急激に大きくなり始める子どもが出てきます。

 

ここまで小学生の平均身長を見てきましたが、これはあくまでも「平均」であることを頭に入れておいてください。成長は人それぞれで、平均より大きい子や小さい子がいて当たり前です。お子さんが平均より小柄であっても毎年確実に身長が伸びていれば心配ありません。親御さんが過剰に心配したり不安がる方がお子さんに悪影響を与えますので、長い目でおおらかに見守ってくださいね。
栄養と休養がしっかり摂れるよう気遣いつつ適度に運動させ、健康を維持していれば成長期は自然と訪れるでしょう。

 

 

(関連記事)中学生の平均身長

 

◆年齢別平均身長・SD値一覧表◆ 

男の子 女の子

 

 

 

続きを読む≫ 2016/10/04 19:05:04

子供の成長の目安として背の高さ元に判断する親も多く、その結果から低身長にならないか、成長期の伸び悩みはないかと心配になることもあるようです。

 

両親の背が高ければ子供も自然と背が伸びやすくなるはずですが、小さい頃から横に並んでみると、つい比べてしまうことで要らない心配を抱えることもあるようです。

 

子供の身長の伸び率は男の子と女の子で異なり、どちらも毎年5〜6cmずつ成長していきますが、あるときを境にして急激に伸びることがあります。

 

全国の身体測定などで算出されたデータでは、

 

【男の子の場合】

 

9歳から10歳までが5cm

 

10歳から11歳までの間も同様に5cm

 

となります。

 

この時点での平均身長は145cm程度で緩やかに成長していくので、親から見るとこのままで大丈夫だろうかと心配にもなるようです。

 

しかし、男の子の思春期は11歳後半からのため、

 

11歳から12歳までの間で急激な成長を始めて、5.6cm

 

となります。

 

そこからおよそ3年かけて一気に身長が伸びていくので、不安になるとしても15歳までは様子を見るようにすると良いでしょう。

 

対する女の子の場合は思春期が10歳前後と基本的に早熟で、早いうちから成長して男の子と背の高さが同じくらいになることもあります。

 

【女の子の場合】

 

9歳から10歳までの間で平均5.6cmとなり、

 

10歳から11歳では7.3cm、

 

11歳から12歳までに7.4cmとなります。

 

この時点での平均は152cmとなっているので、目安として確認して見るのも良いかもしれません。

 

その後は徐々に伸び率が減っていき、最終的には16歳頃には成長が完全に止まります。

 

12歳になると男女が並んでも同じくらいになっているので、男の子がいると不安に駆られるかもしれませんが、問題はないので心配する必要はありません。

 

この成長率はあくまで平均値なので、必ず同じ数字で成長するとは限りませんが、極端に伸びる数字より低い場合は注意が必要となります。

 

成長のためには十分な睡眠とバランスの取れた食事、適度な運動が必須のため、夜更かしをするような生活は避けなければいけません。

 

良く親が遅くまで起きているため、子供も一緒に起きているのを許している親も多いですが、甘やかしてばかりいても成長を阻害させてしまうおそれがあります。

 

また、骨格を作るためにはカルシウムやマグネシウム、亜鉛といった栄養素が重要になるため、これらを含んだ食事を摂るか、成長を促すためのサプリメントなどを用意して栄養不足などにならないように気を付けましょう。

続きを読む≫ 2016/08/29 07:38:29