知っておきたい子供の平均身長

 

子供の平均身長

子供の成長の一つとして背の高さがあります。
大きく生まれるとスタート位置に差ができ背が高くなる子供が多いです。

 

遺伝も大きく関係します。
両親のどちらかが大きければ子供も背が高くなり小さければ子供も小さいです。

 

このような先天的要因も大きく関係しますが、まずは成長のバロメーターとして平均身長なら安心できます。
幼少期の場合は、平均身長を調べるには母子手帳に記載がありますので検診が済んだらわが子がどのあたりの値かチェックすればよくわかります。

 

平均以下ならミルクの量を足して調節します。平均以上なら現状維持でいいでしょうが体重も平均以上なら少し制限する必要があります。
最近は栄養が摂れ過ぎて子供でも糖尿病などの成人病にかかるので今のうちにセーブすることはお子様の健康のためにも大切なことです。

 

さて、どんどん成長して小学校も高学年になると成長に個人差が出てきます。
学年による平均身長は保健の先生が提示していますが、あまり気にされない方が良いです。

 

参考程度にとどめておいて周りのお子さんがぐんぐん伸びても神経質にはならないことです。
特にこの時期は男の子より女の子の成長が目覚ましいのです。しかし、生理が始まるとその成長は遅くなりやがては止まってしまいます。

 

早いお子さんでは中学生で背が伸びなくなってしまいます。
その間に成長の遅かったお子さんがぐんぐん伸びだして逆に追い抜かしてしまうことも良くあります。

 

男の子は確実に女の子を抜きます。
ですから、子供の背の伸び方は実に個人差がありますので、平均身長は目安として考えておくのがベターです。

 

親が神経質になると子供もプレッシャーです。リラックスさせてあげると自由に成長します。
大人になって背の伸びが止まった時に平均身長であればいいです。

 

もし、平均以下でも気にすることはありません。
体型も個性ですし、何より健康で体内が正常に機能していればいいのです。平均身長以下は病気ではありませんのでご安心ください。

 

◆年齢別平均身長・SD値一覧表◆ 

男の子 女の子

 

子供の背を伸ばしたい!おすすめサプリランキング