うちの子供は大丈夫?低身長症とは?

 

うちの子供は大丈夫?低身長症とは?

うちの子は大丈夫?平均身長を確認する 男の子

 

うちの子は大丈夫?平均身長を確認する 女の子

 

 

 

同年齢の子供に比べて極端に背が低い場合など、低身長症の可能性が疑われます。
 

低身長症とは子供の背の高さや伸び率が、著しく低い場合のことを指します。

 

低身長症となる基準には平均身長より著しく低い場合と、1年間背の伸びが著しく悪い場合があります。

 

低身長症には生活習慣やストレス、遺伝などの要因による病気が原因でない場合と、病気が原因の場合のケースがあります。

 

病気が原因でない場合は父や母の背が低い遺伝的な要因と、生活習慣などが影響した環境性のものがあります。

 

ストレスが多い環境や運動不足、極端に食が細い場合や好き嫌いが激しいことによって、成長に必要な栄養素が摂取できず栄養状態の悪さが身長の伸びに影響を与えてしまいます。

 

他にも遺伝や栄養状態などの悪さに関係なく病気でもないケースもあり、特発性低身長症体質性低身長症非内分泌性低身長症と呼ばれます。

 

病気が原因の場合は成長ホルモンの異常によって、骨の成長を促進する働きが低下してしまい身長が伸びにくくなってしまいます。他にも甲状腺ホルモンにも骨を成長させる働きがあり、不足することによって低身長の原因になります。

 

 

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

 

また出生時に平均よりも身長と体重が小さく生まれる、子宮内発育不全によっても低身長になります。しかし多くの場合は3歳までに標準の身長に追いつきますが、まれに伸びが悪くなり平均より著しく低くなる場合があります。

 

染色体の異常によっておこるターナー症候群やプラダー・ウィリー症候群の症状による低身長や、骨・軟骨の異常の軟骨異栄養症などによるもの、心臓や肝臓、消火器などの内臓疾患により栄養が十分に取り込むことが出来なくなることなども原因になります。

 

低身長症は原因になる要因が様々であり、原因に合わせた治療を行うことで改善が期待できます。ホルモンの影響によるものなどは早めに治療することが大切なので、子供の低身長が疑われる場合は早めに専門医などに相談するようにしてください。

 

子供の背を伸ばしたい!おすすめサプリランキング