うちの子成長が遅い!?小学生の平均身長

 

身長を伸ばしたい!小学生の平均身長

小学生の間は、成長ホルモンの分泌が活発になり始め、身長が最も伸びる時期です。
お子さんの成長が平均から外れていないか気になる親御さんも少なくないでしょう。
そこで今回は小学一年生から六年生までの平均身長を詳しく見ていきましょう。

 

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

 

小学一年生の平均は男子が116.6cm、女子が115.6cmと言われています。男女の体格差はまだそれほど見られません。

 

小学二年生の平均は男子が122.4cm、女子が121.6cmです。

 

小学三年生の平均は男子が128.2cm、女子が127.3cmです。

ここまでは女子より男子の方がわずかに大きいですね。

 

小学四年生の平均は男子が133.6cm、女子が133.6cmです。

このあたりから女子の成長ホルモンの分泌が活発になり、急激に身長が伸び始めるので体格差が最も小さくなります。

男子が急激に大きくなる時期はもう少し先なので、伸び方がゆるやかでも心配する必要はありません。

 

小学五年生の平均は男子が139.0cm、女子が140.1cmです。ついにここで女子が逆転します。この時期の女子は体が急激に大きくなるだけでなく、初潮が来るなど大人の体になる準備が始まります。一方男子はまだ目に見えるほど急激な成長が始まっていない子どもがほとんどです。

 

小学六年生の平均は男子が145.0cm、女子が146.8cmです。男女の体格差が最も大きくなります。しかしこのあたりから男子にも急激に大きくなり始める子どもが出てきます。

 

ここまで小学生の平均身長を見てきましたが、これはあくまでも「平均」であることを頭に入れておいてください。成長は人それぞれで、平均より大きい子や小さい子がいて当たり前です。お子さんが平均より小柄であっても毎年確実に身長が伸びていれば心配ありません。親御さんが過剰に心配したり不安がる方がお子さんに悪影響を与えますので、長い目でおおらかに見守ってくださいね。
栄養と休養がしっかり摂れるよう気遣いつつ適度に運動させ、健康を維持していれば成長期は自然と訪れるでしょう。

 

 

(関連記事)中学生の平均身長

 

◆年齢別平均身長・SD値一覧表◆ 

男の子 女の子