子供の身長の伸び率(3〜4歳)(4〜5歳)(5〜6歳)

 

子供の身長の伸び率(3〜4歳)(4〜5歳)(5〜6歳)

生まれたときに、平均よりも少し小さく生まれてしまった場合には、その後の伸びが気になってくるものです。

 

同年代の子達と比べたときに、少し小さい気がするのであれば、何か異常があるのかもしれないと心配になってくることでしょう。

 

子育て支援センターなどに行くと、たくさんの同年代の子供たちに会うことが出来ますが、同じ年齢の子供たちがみんな我が子よりもかなり大きいとなると、どうしても気になってしまうはずですが、あまり気にしすぎるのはよくないかもしれません。

 

一年間でどのくらい伸びたかによって、判断をしていってもいいですので、どのくらい伸びるものなのかを知っておきましょう。

 

身長の伸び率というのは、その年代によっても変わってきます。

 

まず3歳から4歳の間ではどのくらい伸びることになるのでしょうか。

 

男の子の場合は、一年間で7cm程度伸び、女の子の場合も同程度伸びるようになっています。

 

次に、4歳から5歳の間では、男女ともに6.6cm程度伸びるのが一般的です。

 

そして、5歳から6歳の間には、6.2cm程度伸びるでしょう。

 

これはあくまでも平均的な伸び率ではありますが、これを大きく下回るようなことがなければ問題ないでしょう。

 

そして、今までは平均的に伸びていたというのに、急に伸び率が悪くなってきたような場合は心配です。

 

そういった場合にも早めに病院に行き、医師の指示を得るようにしなくてはなりません。

 

子供の成長には個人差がありますが、それがわかっていても親としては心配になってしまうものです。

 

他の子よりも大きければ安心してしまいますが、小さすぎる場合にはなぜ小さいのかと心配になるのは当然でしょう。

 

身長の伸びはその子のペースもありますが、中には病気が隠れている場合もありますので、放置していい場合とそうではない場合があることを知っておきましょう。

 

病気が隠されている場合には、早めに診断を受けることによって、対処をしていく方法があります。

 

男の子の場合は、小さいことによって将来いろんな面で影響を受けてしまう場合もありますので、子供のためにも異常がないかを発見してあげなくてはなりません。

 

子供の身長を伸ばしていくためにも、しっかりと睡眠をとらせるようにし、栄養バランスを考えた食事を作り食べさせてあげましょう。

 

そして外でしっかりと運動をして遊ぶことも必要ですので、一緒に外で遊ぶようにして、健康的な体作りをしていかなくてはなりません。