子供の身長の伸び率(12〜13歳)(13〜14歳)(14〜15歳)

 

子供の身長の伸び率(12〜13歳)(13〜14歳)(14〜15歳)

子供の身長というのは、本人からしてみるとかなり気になるもの。
他の人より1cmでも高くなりたい!と思い続けたのは懐かしい思い出ですが、

 

何歳の時に、どのくらい伸びるか?というのは個人差がありますので一概に言いきれません。
また、男女間においても成長期を迎えるタイミングが違いますので、

 

月齢によってかなりバラつきがありますが、今回はその伸び率を検証していきましょう。

 

【男の子】

 

12〜13歳の身長の伸びが8.6p。

 

13〜14歳が8.7p、

 

 

【女の子】

 

12〜13歳の身長の伸びが4.2p

 

13〜14歳が2.2p

 

一般的には女子の方が、男子よりも先に成長期を迎える傾向が強いので、

 

実際、この月齢の子供たちを男女で比較すると、女の子の方が背が高く体格もしっかりしていて、

 

逆に男子の方が小柄で細身、という傾向が見られてもおかしくありません。

 

大げさな話ではなく、この時点で身長が165p…という女子がいます。

 

そして、中学生になる頃の13歳くらいになると、今度は男子が成長期を迎え始めますので、

 

男子が本格的に大きくなり始めます。私自身、やはり中学入学直後のこの時期から背が伸び始め、

 

中学1年生の1年間で10cm以上伸び、母親と姉を追い抜きました。
この時期に伸び始めるお子さんも多いと思います。

 

14歳・15歳頃になると、伸びが落ち着いてくる男子もいますが、
このくらいの時期から急に伸び始める男子もいます。

 

一方、女子では個人差があるものの、このくらいの月齢では伸び率が落ち着いてくるのが
一般的です。伸びても年間で2〜3cm伸びるかどうか、といったところでしょうか。

 

私も中学時代、この月齢時には身長の伸びは落ち着きを見せ始めましたが、
最終的には中学3年間で20p以上伸びました。

 

この12歳〜15歳くらいの年代は、いわゆる『第二次成長期』と呼ばれる時期で、
体に著しく変化が見られる時期でもあります。

 

 

もちろん、例外はありますが大多数の人がこれに当てはまると思います。

 

また、体形においては遺伝的な要素がとても強く影響します。

 

両親が大きいと、子供も大きいというのは珍しくありません。

 

体格も父親母親どちらかに似てくるといいますので、伸び率もご両親の
影響が色濃く反映されているかもしれません。

 

こうしてみてみると、この月齢の成長がいかに背丈に影響してくるかが分かります。

 

本人の『背を高くしたい!』という努力も大切ですが、それを支える我々保護者も、
食事面などでサポートしていきたいですね。