子供の身長を伸ばすのにサプリが大事な3つの理由

 

子供の身長を伸ばすのにサプリが大事な3つの理由

子供の身長を伸ばしたいと思う人が、その方法で悩まれる親も多いようです。
また子供自身もそのことで悩まれているケースも珍しくありません。

 

そもそも身長を伸ばすためには子供の骨と骨の間の隙間にある、軟骨が成長ホルモンの影響を受けて増殖するからです。
この成長ホルモンですが、運動によって分泌されます。

 

よく筋肉をつけすぎると骨の成長を阻害してしまうため、あまり子供には運動をさせない方が良いということが言われます。
しかしこれは間違った情報で、筋肉にそのような力はありません。

 

むしろ運動を行なっている状態の時の方が成長ホルモンが分泌されているので、背を伸ばすためには必要不可欠なものとなります。
一方で過度に関節に負担をかける運動はよくありません。

 

これは軟骨を傷つけ身長が伸びにくくなる原因となるからです。
ゆっくりとランニングを行なったり、水泳などで全身運動を行うのが良いでしょう。

 

また睡眠時にも成長ホルモンは分泌されます。
ですから子供はしっかりと寝かせた方が良いとされています。

 

またサプリを使うことも大事になってきます。
その理由を三つ紹介しましょう。

 

まず一つ目です。
それは前述のような方法を行なっていても、体質的に身長を伸ばすための体内物質がうまく分泌されないケースがあるからです。
遺伝などによって背の低い家系などもあります。

 

このような遺伝子を持っていると日々の生活からの改善は難しいのでサプリに頼るべきなのです。
また子供が運動をしたがらない、あるいはすぐ夜更かしをしてしまうというご家庭もあるでしょう。

 

このような場合にはサプリによって、その成長物質を補うことによって背を伸ばす効果を期待するのが重要です。
二つ目は子供の身長に重要な物質としてアルギニンという物質に関わることです。

 

アルギニンとはアミノ酸の一種のことでタンパク質を作る成分です。
タンパク質は軟骨細胞の原料となり、成長ホルモンの働きかけによって骨を伸ばすという作用があるのです。

 

このアルギニンは大人の場合であれば体内で生成することができるのですが、思春期くらいまでの子供では外部から取り入れなければ足らないのです。

 

サプリにはこのような物質が配合されているので有用というわけです。
三つ目の理由ですが、成長ホルモンの働きを高めてくれる物質を、体内で生成されるものに加えて外から補うことができるからです。

 

生体栄養成分であっても体で作られる分だけでは足りないことはよくあることなので、サプリを使うのが良いというわけです。