スポーツをしていて身長が低くて悩んでいる方のための情報

 

サプリメント購入を決めたものの、なかなか種類が決まらない、C子さん、ともママのところへ相談に来ています。
そんなともママがお勧めしたのが「フィジカルB」です。では、どうして「フィジカルB」が良いのか、ともママのお話を聞いてみましょう。

 

 

ともママ            C子
              

 

 

「ともママ、子供に身長を伸ばすサプリを飲ませようと思ってるんだけど、いろんな種類があって、どれがいいのか、かなり迷って選べなくて……。」

 

 

「C子、ついにサプリデビューを決めたのね!そうね、確かに身長を伸ばすサプリって本当に種類があるよね。私も昔、いろいろと研究したわ。今、C子にお勧めしたいのは「フィジカルB」ってサプリだよ。」

 

「フィジカルB?でも、どうして?」

 

「フィジカルBにはね、子供の成長をサポートする栄養がバランスよく配合されているのよ。ちょっと説明していくね。

 

1. カルシウム
身長というと、カルシウムだよね。カルシウムを取ると、骨が強くなったり、太くするなんて言われてるわよね。フィジカルBには、通常のカルシウムよりももっと純度の高い、骨焼成カルシウムが使われているの。骨焼成カルシウムは、魚の骨を焼いて作っているもの。だから、とっても純度が高くて、体の成長もしっかりサポートしてくれるのよ。

 

 

2.スピルリナ
スーパーフードとしても注目されているのが、スピルリナ。宇宙開発のNASAも注目している成分としても有名よ。成長期に必要な50種類以上の成分が含まれているけど、そのままでは摂りにくいのが難点。サプリに配合することで飲みやすくなっているの。

 

 

3.酸化マグネシウム
酸化マグネシウムは、カルシウムが排出されるのを抑制する働きがあるの。カルシウムって、汗や老廃物と一緒に体外に排出されてしまうのね。でも、あまりに排出されると体に負担がかかってしまうの。そこで酸化マグネシウムを取ることで、カルシウムの排出を抑制することができるのよ。

 

ざっとあげるだけでも、こんなにたくさんの栄養成分が入っているのがフィジカルB。もちろん、他にもアミノ酸や鉄分なども配合されているので、バランスよく栄養を摂取できるのよ。

 

 

「そっか〜カルシウムに、スピルリナ、酸化マグネシウムにアミノ酸。確かに、普段の食事からはなかなかとりにくい成分ばかりだよね。うん、決めた!ともママのおすすめ、フィジカルBを試してみるよ。」

 

「おっけ〜。また、何か悩みがあったら、いつでも相談してね!」

 

C子さんの息子さん、初めてのサプリメントはフィジカルBに決定したようです。
将来、しっかり身長が伸びてくれると良いですね。

 

商品について詳しく知りたい方は、
↓是非フィジカルB公式サイトへ。

 

続きを読む≫ 2017/03/06 17:20:06

今日は、ともママ家にお友達S子さんが遊びに来ているようです。
どうやら、小学6年生のお子さんの身長に悩んでいるみたい。

 

小学6年生、12歳児、男の子の平均身長は、149.1センチです。
ですが、S子さんのお子さんB君の身長は、130センチ。平均から約19センチも差があります。

 

そんな息子さんの成長に悩んでいるS子さんに、ともママがアドバイスをしているようです。二人の会話をちょっと覗き見してみましょう……。

 

ともママ            S子
              

 

 

 

「S子さ〜ん、久しぶりじゃない。今日はどうしたの?」

 

「そうなの。ちょっとともママに相談があって……。実は、息子のBことなんだけれど。」

 

「相談?どうしたの?改まって。勉強ができないとか、遊んでばっかりとか?」

 

「ん〜ん。違うの。Bね、実は、小学校6年生になるんだけど、身長が低くて。まだ130センチしかないのよ。学校でも、列の一番前に並んでいるし、ちょっとかわいそうで。
ほら、大きくなっても、身長が低いと、いろいろと厄介でしょ。どうにかして、身長の伸ばしてあげられないかと思って。」

 

「そっか〜6年生で130センチとなると、確かに低いわね。でも、6年生だったら、まだまだ成長期、安心して、身長が伸びる秘策はあるのよ!」

 

「ほんと〜?その秘策、教えて!」

 

「S子さん、その前に、ちょっと確認しておきたいのだけれど、B君は、食事は毎日ちゃんと食べているの?好き嫌いとかない?」

 

「ん〜。実は、そこも悩んでいて、かなり偏食なのよ。いくら言っても聞いてくれなくて。あっ!でも、身長を伸ばすために、昔から牛乳がいいって言うでしょ?だから、牛乳は毎日飲ませているわよ。」

 

「S子さん、そこがポイントかも!身長と伸ばすには、確かに牛乳に含まれているカルシウムが必要だよね。しっかりとした骨を作るわけだし。だけど、カルシウムだけじゃ身長は伸びないのよ。いろんな栄養をまんべんなく摂ることで、体は作られていくの。」

 

「そうなのね。じゃぁ、やっぱりBの身長を伸ばすのってムリなのかなぁ。」

 

「大丈夫よ!身長を伸ばす秘訣があるっていったでしょ!それが、サプリなの。」

 

「サプリ?」

 

「そうそう!今は、身長を伸ばすために、必要な栄養を配合したサプリがあるのよ。だから、普段の食生活が偏りがちでも、サプリで栄養をプラスしてあげられるってわけ。」

 

「わ〜さすが、ともママ!早速サプリを試してみるよ〜。ありがとうね!」

 

 

こうして、ともママからサプリを紹介してもらったS子さんは、すぐに、サンプル請求、息子さんも気に入って毎日飲んでいるようですよ。

 

(関連記事)身長を伸ばすサプリを試した結果はこちら

 

 

子供の身長を伸ばすサプリを徹底比較!ともママおすすめサプリランキング

続きを読む≫ 2017/02/17 09:31:17

バスケットにおいてポイントガードと言えば、いわゆる司令塔の位置です。
コート内をよく確認し、的確な指示に基づき、フォワードにパスを出したり、

 

自らドリブルで切り込んでいってファウルを誘ったりと、攻撃面での要としての役割を果たします。
また、シューティングガードはそのポイントガードのサポート役として動くその傍ら、

 

フォワードとして攻撃に加わりオフェンスを強化するポジションでもありますので、
攻撃面で重要なポジションですが、様々な側面が求められます。

 

バスケは背の高いプレーヤーが有利とされていますので、身長が高い選手が非常に多く、
NBAでは2メートル超えの選手がザラにいます。

 

シューティングガードとしてかつてチームをけん引したNBAのスーパースター、
マイケル・ジョーダン氏も198cmでした。

 

同じくシューティングガードとして活躍した元レイカーズのコービー・ブライアント氏も198cmです。
やはり高さの求められるスポーツにおいて、高身長というのはそれだけで武器になります。

 

ポジション的にセンターやパワーフォーワードほど高さは求められませんが、
相手に高さで競り負けなければ、それだけ活躍も増え、勝利に近づきます。

 

では、背を伸ばすにはどうすればよいのでしょうか?

 

もちろん普段の食事でカルシウムをしっかりとることも大事ですが

 

一番効果的なのは

 

「背を伸ばすために作られたサプリをとること」

 

です。

 

この「背を伸ばすためにつくられたサプリ」ですが

 

背を伸ばすために必要ないろいろな栄養成分を含んでいるため

 

効果的に体に摂り入れることができます。牛乳を飲んでカルシウムをとるだけでは身長を効果的に伸ばすことは難しいです。

 

血液をつくるために鉄分の含まれた食品を体にとりいれるのと同じように

 

背を伸ばすためには背を伸ばすための成分を体にとりいれることが大事のようです。

 

実際私も中学・高校とバスケットをしていましたが身長が低いためポジションはガードでした。

 

ドリブルとスピードを武器に頑張っていましたが背が高いだけで今までバスケをしたこともない後輩がレギュラーとして試合に出るのを見て悔しく思ったこともあります。

 

自分の子も同じように悩んでいましたので迷わずサプリを飲ませました。

 

体つくりにもとてもいいですのでバスケをしている人にはもってこいです。

 

実際にサプリを毎日飲ませたところ背がすこしずつではありますが今までよりも確実に伸びていきました。

 

フォワードでも通用する身長まで伸びたのですがやはりポイントガードが好きだったようでそのままポイントガードをつとめました。

 

身長がガードの中では高いこともありオフェンスではうちの子を攻撃のかなめとして攻めることができました。

 

身長が高くなったことでもちろんリーチも長くなりシュートブロックにおいても有利になります。

 

 

 

よっぽどのセンスや実績があれば別ですが中学生ぐらいだと身長を優先にポジションをきめていくことがおおいので背が高い人はセンター

 

低い人はガードとなっていくのが普通かと思います。

 

ガードでもやはり背が高い方が有利です。

 

マッチアップの際自分の方が背が高ければミスマッチとして自分を軸にせめていくこともできますし、リバウンドの面でも有利です。

 

ガードのポジションのあなたも身長を伸ばす努力をすることで今まで以上にもっと優秀なプレイヤーになれることと思います。

 

(関連記事)  身長を伸ばすのにサプリが大事な3つの理由

 

 

続きを読む≫ 2016/11/16 15:48:16

子供の身長を伸ばすためには、食事と運動と睡眠をバランスよくとることです。

 

もはやキッズ達の成長はこれらの基本につきますが、食事からの栄養はとても重要な鍵を握っています。

 

大人は健康維持のために食事の栄養に気を使いますが、まだ成長期のキッズ達は健康とともに、食事の栄養素は身長にもかかわってきます。

 

身長を伸ばす食べ物というのは、バランスの良い食事内容になりますが、その中でも背を伸ばすために摂取したい栄養があります。

 

それはカルシウムに亜鉛、タンパク質にマグネシウム、そしてビタミンDの栄養です。

 

これだけを食事から摂取すれば、背はどんどん伸びるということはないですが、この栄養素はできるだけ毎日でも摂取をしたほうが良いラインナップです。

 

背が伸びるということは、もっと掘り下げて言いますと、骨の成長を願うことにもなります。
人間の骨には骨端線の軟骨があり、その部分の成長により、背が伸びたということになります。

 

骨端線が成長をするためには、この5つの栄養成分が必ず必要になります。

 

毎日の食事やおやつというのは、まだ小さなキッズ達には栄養のバランスなどは理解は難しいものです。

 

親の用意してくれる食べ物を食べて、お小遣いがあればコンビニでスナック菓子や菓子パンなどを好きに食べるでしょう。

 

しかし何を食べるかでキッズたちの将来は左右されますし、背が伸びるかどうかも食事の栄養は大きく関わります。

 

野菜や魚などをあまり食べないで、食品添加物や粗悪な油、それに精白した白い砂糖をたっぷりと使った食べ物、小麦粉などばかりを食べていれば、背が伸びる以前に心身ともに健康を乱す要因となります。

 

まだ自活できない成長期のうちは、親が食事やおやつの管理をしてあげて、背の伸びる栄養たっぷりの食事を、毎日食べさせてあげることが重要です。子供たちは砂糖やお菓子も大好きですから、なぜそれが良くないかなどを、小さな彼らが理解できる言葉で、大人が説明をしてあげることです。

 

小さなうちに何を食べるかで、将来の健康も大きく変わってきます。脳の好むような、砂糖や食品添加物ばかりを、好きに与えていては背は伸び悩むばかりか、キレやすい落ち着きのないまま成長をしてしまいます。

 

カルシウムはとても身近な牛乳やヨーグルトにも多いですし、わかめなどの海藻類にも豊富です。マグネシウムなどは、牡蠣や木綿豆腐にほうれん草にも多く含まれます。毎日食事は食べるのですから、子供の身長を伸ばす食事をすることです。

続きを読む≫ 2016/11/15 15:33:15

サッカーはスポーツの中でも早いうちから始めた方が上達するとされています。

 

そのため幼稚園や小学生の低学年からサッカークラブへ通うお子さんも多くいらっしゃいます。

 

サッカーはバスケットボールやバレーボールに比べて背が重要な要素なスポーツではありませんが、有利なことに変わりありません。

 

 

 

 

今回は学年別に身長を見ていきましょう。

 

【小学一年生】
まだ幼稚園から上がったばかりですから他の子供達と比べて大きな差はありません。
平均は117cmほどです。
みんなで集まってボールを蹴るのが楽しくなってくる時期ですのでたくさんボールと触れあうようにしたいですね。

 

 

【小学二年生】
幼稚園から始めているお子さんは目に見えて上達がわかる学年です。
体格にも少しずつ差が出てきます。
大きなお子さんでは130cmを越えています。練習メニューなども少しずつ本格的なものになってきます。

 

【小学三年生】
三年生ではドリブルなどの個人技が得意か、パスなど周りをよく見ることができるタイプか、など、お子さんそれぞれの性格がプレーに反映されてきます。
技術の習得にはうってつけの時期ですね。遊び感覚ではもちろん、自分がやりたい練習をさせてあげましょう。
平均身長は130cmほど、大きなお子さんでは140cmほどになっています。

 

【小学四年生】
四年生といえば高学年の仲間入り。
この頃には同じ時期に始めたお子さんでもかなり差がついてきます。
体格に合わせたプレースタイルを自然に身につけています。
また、筋力が上がり浮き玉が蹴れるようになるので試合などで空中戦が発生します。
身長の高いお子さんは有利といえます。平均は134cmほどです。大きなお子さんは150cmを越えています。

 

【小学五年生】
もうすっかり大人な雰囲気を身につける五年生。
戦術などの練習メニューも加わり、ただ体を動かすだけのサッカーを卒業し頭を使ったプレーが求められます。
得意なポジションも固まってくるでしょう。背の高いお子さんと低いお子さんの差はかなり開いています。平均は140cmほどです。

 

【小学六年生】
最高学年の六年生。すでにユースチームなど、本格的にプレーする場所を持つ頃です。
この頃になると進学など進路も考えなくてはなりません。
もしお子さんが真剣にプレーしたいと思っているなら最適な環境を用意してあげたいですね。平均身長は145cmほどです。

 

【まとめ】
いかがだったでしょうか。サッカーは身長で決まるスポーツではありません。しかし体格が大きな方が小学生のうちは有利といえます。成長のためにもお子さんが楽しんでプレーできる環境を作ってあげたいですね。

続きを読む≫ 2016/11/01 13:07:01

サッカーでポジションがキーパーの方に大切なのは身長です。

 

相手のシュートを阻止するためにも、身長が高い方が有利に動くことが可能です。

 

そのためにも、身長を伸ばすために必要な秘訣を教えます。

 

まず、寝る子は育つと言葉にもある通り、成長ホルモンの分泌が関わってきます。

 

サッカーは俊敏な動きが必要になりますので、部活から帰って来たら疲れてしまいます。

 

疲れたまま眠ってしまいますと、身長を伸ばすのに必要な成長ホルモンが体の疲れを回復することに回ってしまいます。

 

疲れてすぐに横になりたい気持ちを抑えて、眠る前にまずはストレッチをして体をほぐしてあげることが大切です。

 

質の良い睡眠をとることで、成長ホルモンがたくさん分泌されます。

 

次にバランスのとれた食事です。

 

栄養素をきちんと摂取しているように感じても、不足をしている栄養素があると成長の妨げになってしまします。

 

牛乳は体の成長に効果のあるカルシウムという栄養成分が含まれていますので骨を強くしてくれます。

 

しかし、お腹の弱い方が毎日続けるのは一苦労ですよね。

 

そこで、手軽に飲むことのできるサプリメントがおすすめです。

 

子供のうちからサプリメントを飲ませることには抵抗があると感じる方もいますよね。

 

しかし、大人がサプリメントを飲んで健康を維持するのと同じようにサプリメントは子供の成長を助けてくれます。

 

特に体の成長に必要になるカルシウム、亜鉛、マグネシウムは体内で不足しがちになっていますのでサプリメントで補ってあげることが大切です。

 

子育てママが選ぶ!子供の身長を伸ばしたいと思ったらこのサプリ

 

 

運動には骨の成長を促す効果がありますので、ウォーキングやジョギングなど軽めの運動を取り入れてみましょう。

 

身長を伸ばすことに大切なのは、質の良い睡眠をとることと栄養バランスを整えること、適度な運動です。

 

小学生から中学生になる間に体は、どんどん成長していく時期です。

 

サプリメントは短期間で効果を出すには最適な栄養が含まれていますので、悩んでいる方はぜひ試してみましょう。

 

両親の背が低いので遺伝で、自分も成長しないのとコンプレックスを持っている子供も多いはずです。

 

サッカーのキーパーというポジションは、皆を後ろ守る大切な役割があります。

 

キーパーというポジションで最高の能力を発揮するためにも、リーチが長いということは最高のメリットです。

 

毎日の規則正しい生活習慣を見に付けることで、背を伸ばすことができます。

 

一度日々の生活習慣を見直して、サッカーのキーパーポジションで大活躍をしましょう。

続きを読む≫ 2016/11/01 13:05:01

お子さんの中には中学生くらいになると一気に身長が伸びる時期があります。

 

整腸のピークは男子の場合は12歳から15歳となっており、ちょうど中学生の辺りが最も成長する時期と言えます。

 

ただ、この時期に分泌される成長ホルモンの分泌を阻害してしまうと、結果的に成長を様タダゲル事に繋がり、背が伸びない場合があります。

 

中学生の身長の平均は、1年生152.3p、2年生159.5p、3年生165p程度となっています。

 

ただサッカーはバスケ等に比べると背がそれ程高くならないと言われる事もしばしばあります。

 

 

 

 

サッカーは腰を低くして動く事が多いとか、沢山走っているのでスタミナの消費量が多すぎる、ハードだというイメージがそう言われる理由です。

 

ただ実際には激しすぎる運動をしていればサッカーに限らず、他のスポーツを行う場合も身長が伸びなくなってしまう場合がある為、一つのスポーツにだけ当てはまる物ではありません。

 

練習量によって、さらに日頃の生活習慣や食事内容、遺伝的要因によっても身長の伸び率等も変わってきます。

 

従ってサッカーをしている中学生の身長は大体その年代の平均程度の高さとなっており、他のスポーツをしているお子さんともそれ程違いがあるわけではありません。

 

ただ中には成長が早く中学生の時にも180p以上ある様なお子さんもいます。

 

また反対に140p台のお子さんもおり、背の高さと言うのは個人差が大きく、様々な要因が関わり合って来ます。

 

ただ、中学に入った頃よりも2年生、3年生の時の方がハードに運動をしている場合、時には筋肉に傷がついてしまったり、体を動かす為にエネルギーを使い過ぎると成長に回す事が出来るエネルギーが不足してしまう事もあります。

 

その場合は適度な運動をしているお子さんに比べると少々背の伸び率が低めになる場合も有りますが、運動のメニューを考え、良く寝て成長ホルモンの分泌を促し、さらに栄養のバランスが整った食事を心掛けると、再び成長しやすくなって行く場合も有ります。

 

例えば、怪我をして少しの間休んだ方が体が大きくなった、と言う感じです。

 

とはいっても、縦方向に力を掛ける動きを良くするスポーツに比べると、サッカーは背が伸びにくいスポーツだと言う事もできます。
縦方向の動きと言えば、バスケ等が代表的な例です。

 

ただスポーツをしたお陰で背が高くなるという事は少ないだけで、実際には大体その学年の平均的な背の高さとなっているお紺さんの方が多いと言えます。

 

続きを読む≫ 2016/11/01 12:58:01

 

バレーボールやバスケットと言えば、背が高くなるイメージを持たれる方が非常に多くいらっしゃいます。
しかし、実際はそうではなく、背の大きい人間が活躍しやすいスポーツなだけで、
決してプレーヤーみんなが大きくなるわけではありません。
ポジションによっての差もあると思います。

 

経験上、それが分かった私ですが、運動をしていることに違いはないので、少なからず身長は伸びるもの。

 

特に、中学校時期は成長期を迎える男子が多いので、背の高さを気にする中学生は多いでしょう。

 

では、中学でバレー部に所属している子供たちは、どのくらいの身長なのでしょうか?

 

 

一般的な学校のバレー部の身長は、平均身長とほぼ変わらないか、それよりやや大きいくらい。

 

中学生の平均身長を学年別に記してみると、

 

中学1年時(13歳)の平均が、男子155.1cm、女子が153.1cm。

 

中学2年時(14歳)の平均が、男子161.7cm、女子が155.6cm。

 

中学3年時(15歳)の平均が、男子166.2cm、女子が156.8cm。

 

もちろん、あくまで平均値ですので、これに対してはバラつきがかなりあると思われますが、
一般的な学校のチームは、このくらいであってもおかしくありません。

 

今では『純粋に競技が楽しいから』という理由で平均値よりも背が低い子が競技を始めたり、
またそういった子が背の高い子よりも上手だったりする事もしばしばあります。

 

しかし、これはあくまで一般的な学校のことです。

 

あまりバレーボールに力を入れていないチームや、クラブ活動の延長といった感じの学校も含まれます。

 

では強豪校となると平均身長はどれくらいなのでしょうか?

 

 

ここ数年の全日本中学校バレーボール選手権大会やジュニアオリンピックカップに出場し表彰された選手の身長を調べてみました。

 

あくまで平均になりますので参考までに!

 

男子 186.7cm

 

女子 177.2cm

 

※セッターも入れた平均になりますのでセッターをのぞけばもう少し高くなります。

 

 

大会で表彰を受けている選手は

 

男子 186cm〜189cm セッターだと175cm〜176cm

 

女子 175cm〜177cm セッターだと170cm〜172cm

 

が多いです。なかには197cmの選手もいます。

 

やはり中学生でも強豪校のトップ選手になると技術以外にも身長は重要になってくるようです。

 

 

 

 

トップページ


続きを読む≫ 2016/11/01 12:57:01

バレーボールをしている子どもは身長が高いというイメージがあります。

 

確かに、テレビなどで見かける上手な小学生は高身長な子どもが多く見受けられますが、低学年では、やっている子とそうでない子の差はさほど感じません。

 

三年生男子で130センチ弱くらいです。女子もほぼ同程度です。

 

しかし、高学年になるにつれ、少し差が出てきます。

 

五年生男子の平均は145センチ前後ですが、バレーをやっている子はそれよりも数センチ高いです。
女子の平均はそれより少し高くなり、147センチ前後といったところです。
五年生のバレー女子は150センチくらいはあります。同様に六年生男子の平均は152センチ程度で、女子も同じくらいです。

 

バレーをやっている子はやはり、2センチから3センチ高くなっています。

 

自分の身長よりもはるかに高いネット越しにボールを扱うスポーツなので、背は高い方が絶対的に有利です。

 

このスポーツとしての特性により、背の高い子をスカウトしてくるという性質があります。

 

運動神経が良いことはもちろんですが、それよりも特に小学生のうちは、背が高いという事実が最初のアドバンテージになることは否めません。

 

小さな子どもが高く跳んで見事なスパイクを打っているのもよく見かけますが、高いところに行くのに労力をかけずに済む背の高い子の方が何かと有利です。

 

多くの指導者がとにかく背の高い子に声をかけ、チームに入って欲しいと思うのは自然な発想です。

 

つまり、このスポーツをすることで背が伸びるというよりも、背の高い子にやらせたいスポーツであるという出発点が影響をしていると見るべきです。

 

写真や映像で見る時は、ネットの近くにいる子が目立ちます。

 

大きな子が多いと思うことも当たり前です。しかし、強烈なスパイクを打つことだけがバレーではありません。

 

真に強いチームは、オフェンスよりもむしろディフェンスに力を入れていることが多く、オフェンシブなチームは自分達より少しでも攻撃力があるチームと当たると、あっさり負けてしまうこともしばしばです。

 

この意味から言うと、大切なのはバランスです。
背の高い子がスパイクを打ち、背が低くてもレシーブの上手な子がボールを追いかけ、拾うことでボールは落ちることなく繋がるのです。

 

一瞬の判断でプレーが大きく左右されるスポーツなので、小学生のうちからやっていれば慣れ、能力は上がっていきます。

 

背が低くても活躍の場があるのが、このスポーツの良いところです。

 

背が高く、よく打つ子、背は低いがよくボールを拾う子、チームとしてのバランスを重視しつつ、かつ平均身長を上げることが重要です。

 

続きを読む≫ 2016/11/01 12:54:01

 

 

我が家は主人も私も、学生時代はバスケットボールに燃えた経験を持っています。そのおかげか、今年中学2年生となった息子も、入学と共にバスケットボール部へ入部しました。

 

入部したての頃は、お世辞にも身長が大きいとは言えませんでした。

 

クラスでも背は前の方と聞いていたし、バスケ部で活躍できるんだろうかと少し心配でした。

 

身長を伸ばしてあげたい、と思ったのはこの頃から。本やインターネットで背を伸ばす方法を調べ、食事内容も、味よりもいかに背を伸ばす成分が入っているものを摂取出来るかに重点を置きました。

 

睡眠もたっぷりとることが背に影響するらしいので、就寝時間も私が管理したりして。

 

そんなことをやっているうちに、息子は超反抗期に突入。生活の全てを管理されるのがたまらなく嫌だったようです。今思えば、かなり暴走していたなあ、と思います。

 

この子なりに、友達と好きなご飯やおやつを食べたり、自分で考えて睡眠時間をコントロールしたりする方が、ストレスなく生活できるのならその方が良い。そういう考え方に変わりました。でもやっぱり背は伸ばしたい!

 

そこで、サプリメントという方法で、身長にアプローチすることにしました。

 

サプリメントなら、一日に数粒でしっかりとカルシウムや成長期に必要な栄養素が摂れるし、身長を伸ばすことに特化したものなら、より息子に合っているのではと思いました。

 

栄養補給の意味も兼ねて、息子にやんわりとお願いし、飲んでもらえることに。飲んでから1,2か月は特に変化もなく、やっぱり気休めかな、と諦めていました。

 

しかし、3か月以降に、何かデカくなった?と感じるようになりました。

 

息子によると、服や靴がきつくなったとか、友人にもデカいと言われたなど、効果は確実に現れていることが分かりました。

 

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

それから、中学2年生の今、息子は念願のレギュラーに。サプリメントを飲み始めて、身長がグッと伸びたのです。そのおかげで、リーチが長くなり、高い位置のボールも取れるようになったそう。

 

歩幅が広がったせいか、走るのも早く、陸上部からスカウトが来るほど。試合を見ても、うちの子だけ頭1つ分出ている感じがしました。そして、クラスの中でも一番高いと言われるほどスラリと伸びたんです。

 

今では息子の反抗期も落ち着き、良好な関係が保てています。サプリメントは欠かさず飲んでいます。息子が自分から、もう必要ないと言う日まで、続けてみようと思っています。

 

 

 

続きを読む≫ 2016/10/30 07:59:30

小学生の野球、いわゆるリトルリーグ等の小学生の身長はいかほどのものなのか。
息子さんや、あるいは娘さんがスポーツをしている小さい子供の親御さんなら、こうしたことが心配になることがあるのではないでしょうか。
うちの子は周りに比べて小さいように感じるから、うまくプレーできずに馴染めなかったりいじめられたり…
たしかにプロ野球を見ると体の大きな選手が目立ちますが、日本では平均で見ると投手も野手も180cmを割っています。

 

18歳以下代表や15歳以下代表での世界大会では、ドミニカ共和国やカナダ、アメリカなど年若くして体の出来上がった国の代表選手たちに対して日本の体躯小さな選手たちが対等以上に渡り合います。

 

18歳以下に限れば、日本人の野球は世界で最強なのです。アジア圏の人間の特徴である小さな体躯にも関わらず。

 

当然ながら体が大きければ有利になることは多くなりますが、野球という土俵においてはただいくつかのメリットでしかなく、身長が高いことが絶対的な差にはならないのです。

 

小学生の学年別平均身長を見ると、
1年生で120cm、2年生で125cm、3年生で131cm、4年生で136cm、5年生で142cm、6年生で149cmです。
これは男子での例です。

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

女子で学年別に見ると、
1年生で119cm、2年生で125cm、3年生で131cm、4年生で137cm、5年生で144cm、6年生で150cmです。

 

こうして比べると、これくらいの年齢では男女の差異が小さく、女子の方が大きいくらいだと言うことが分かります。

 

中学生、高校生、あるいはその先と成長していくにつれて女子の身長の成長は伸びなくなりますが、小学生のうちにはまだ女子の選手が男子と混じって練習や試合が出来る貴重な期間なのです。

 

リトルリーグではプロと違いドラフト会議のような厳格な選考はありませんから、リトルリーグの平均を考えても先述した数字と大きな差はないものと考えられます。

 

ご自身のお子さんがこの数字より小さくても、あるいは大きくても気にしすぎることはありません。

 

NPBでもMLB(メジャーリーグ、大リーグ)でも中学生ほどの大きさの選手が十数年間活躍することがあります。
これが小学生の話となると、さらに身長差など大した差異にはなりません。

 

野球は技術と数字のスポーツという人も多いものですから、体の大きさなど気にせずお休みの日にはコーチになって試合や練習を見てあげましょう。

続きを読む≫ 2016/10/30 07:54:30

 

 

スポーツをしている方をみると、とても身長が高く、そして体格のいい人が目立ちます。

 

スポーツの競技によっては、身長が高いほうが有利な場合、また、体格がいいことで有利な場合もあるでしょう。

 

ですが、それをいってしまっては、背が低い方、また、体格に恵まれない方はスポーツはできないということになってしまいます。

 

ですが、さまざまなスポーツ選手をみると、すべてが身長や体格に恵まれているわけではありません。

 

そのため、子供を持つ親御さんが、子供にスポーツをさせる場合には、背が高くないとだめなんじゃないかと考えず、まずは、体を動かすこと、運動することが楽しいと子供に思わせる事が重要です。

 

 

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

 

興味を持たせることで、子供はさまざまなことを考えます。

 

また、楽しいと感じればより積極的に行動するのもこの時期の特徴ともいえるでしょう。

 

運動をすることで、身長差が不利に働くと思うこともあるでしょうが、それならば、それに対して自分で考え、その不利な状況をかえるためにどうしたらいいかと考えることもあります。

 

もちろん、不利だからといってそこで諦めてしまう場合もありますが、そこは、興味があるのかどうか、そして負けて悔しい、不利な状況をどうにかして覆したいという意思があるかどうかがポイントです。

 

自分が興味が持てないものに対して、ちょっとしたつまずきがあれば、すぐに興味を失ってしまうのは、大人でもあります。

 

子供の場合には、それがより顕著にあらわれることもあるため、身長差の不利がどうとかいう問題ではなく、何かを始める、習いだす、経験し、学習していくなかで、どうしたら本人が興味が持てるのかを親は考えるほうがいいでしょう。

 

本人が面白い、楽しいと思えることが見つかれば、周囲が何も言わなくても勝手に、自分から行動しはじめるものです。

 

そのため、本人が興味があるものなどは、周囲からあまり否定的な意見を与えず、肯定する意見、または、本人が何かに悩んでいた場合には、それに対して適切なアドバイスをすることを考えましょう。

 

固定概念で、これはできない、あれはやめたほうがいいという意見は、誰でもいえることです。

 

否定をして可能性を潰してしまうこともあります。

 

そのように何でも否定してしまうより、本人のこれからの可能性を信じて、本人が心身ともに成長していけるように、親の立場から、さまざまなアドバイスをして、本人の成長を支えていけるように行動していくことが大切です。

 

 

続きを読む≫ 2016/10/29 15:32:29

「小学生の頃から筋トレをすると身長が伸びない」ということがよく言われています。

 

筋肉が太くなり骨が成長するのを邪魔するから、というのがその理由のようです。
ではこの話は果たして本当のことなのでしょうか。

 

実はこれは間違いなのです。

 

現実には筋肉が抑えつける力では、骨の成長を阻害するのに不十分なのです。

 

むしろ筋トレを行うと成長ホルモンが盛んに分泌されるようになるので、身体を大きくし身長を伸ばしてくれます。

 

さらにこの時期に基礎体力や体幹を鍛えておくことで、その後の人生において怪我になりにくい身体を作ることができるのです。

 

つまり小学生があくまで身体を鍛える目的で過度でない程度に筋トレを行い、その結果筋肉がついてしまったとしてもそれで背が伸びなくなるということはなく、むしろ成長ホルモンの分泌を活性化させることができるのです。

 

ですから小学生であっても、筋トレは行うべきと言えるでしょう。

 

しかしこのような効果を期待するためには、筋トレをあくまで常識的な範囲内でとどめる必要があります。

 

常識的な筋トレとは、軽く汗を流す程度のものを継続して行うことをさします。

 

瞬発力を養う、体幹を鍛えるといった目的のものは常識的な範囲内です。

 

一方で自重よりも重いものを使う筋トレは過度という認識で良いでしょう。

 

過度な筋トレは最初に述べた噂の通り、身長が伸びなくなる原因となりえます。

 

ですがその理由はかなり異なります。

 

過度な筋トレを継続すると、骨格や関節に大きなダメージを与えます。

 

すると骨の先端にある軟骨部分が擦り減ったり傷ついたりしてしまいます。

 

この軟骨部分というのは、骨の成長に重要な役割を果たす箇所ですから、身長が伸びにくくなってしまうのです。

 

ではどのような筋トレを避けるべきなのでしょうか。

 

まず関節に負荷をかけるものはよくありません。

 

たとえばスクワットなどの種目は膝の軟骨に多大なダメージをかけるので、よくないとされています。

 

またウェイトを持ちながらジャンプするなどのトレーニングも推奨できません。

 

さらに小学校などの授業でよくやらされる縄跳びも、長時間行うことは避けるべきです。

 

逆に体幹を鍛える種目は身長を伸ばすのに良いとされています。

 

このようなものを行う際にはストレッチなどと合わせて行うことが良いでしょう。

 

身体を柔らかくしておけば骨や軟骨への負荷を軽減することができますし、結果的に骨折や捻挫などの怪我を未然に防ぐことも可能です。

 

続きを読む≫ 2016/10/28 02:16:28

小学生でバスケをする人は、多いです。
漫画やアニメでイケメンがバスケットボールをしているのに憧れたり、プロチームのプレーをみて憧れている部分はあります。

 

バスケをやるには身長が大事です。高いと、パスを受けやすい、パスを出しやすい、シュートを打ちやすい、ボールを相手にとられずらいなど多くの利点があります。

 

身長が低いと、自分より大きい相手からボールを奪ったり、シュートをブロックするのが難しいです。

 

バスケットボールをやっている小学生の身長はやはり平均的な小学生よりも高いです。

 

小学校6年生ですでに180cmある方もいます。

 

よく食べるように指導者から教えられますし、体が大きいほうがプレーの幅が広がるのも練習をしていると気づくものなので、
本人から身長を伸ばすためにカルシウムが多く取れる牛乳を飲んだり、お魚を食べたりしますし、運動することで体の代謝が良くなるため成長も早まります。

 

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

【学年別の平均身長】

 

(男子)
小学1年生 116.5cm
小学2年生 122.4p
小学3年生 128.0p
小学4年生 133.6p
小学5年生 138.9p
小学6年生 145.1cm

 

(女子)
小学1年生 115.5cm
小学2年生 121.5p
小学3年生 127.4p
小学4年生 133.4p
小学5年生 140.1p
小学6年生 146.8cm

 

 

それでは実際にバスケをやっている小学生の平均身長はどれくらいなのでしょうか?

 

全国ミニバスケットボール大会に出場した選手の平均身長は

 

平均身長の高いチームだと

 

男子:156.0cm
女子:153.2cm

 

でした。

 

最も高い選手になると男子で183cm女子で174cmの選手もいます。

 

強豪チームになるとやはり一般的な小学生の平均身長よりだいぶ高くなりますね。
やはりバスケは身長も試合に勝つための要因になると思います。

 

小学生だから身長が低くてもしょうがないという気もしますが全国レベルの選手になっていくためには
身長を伸ばすということも大事なことだと思います。

 

 

 

また、高さだけ伸びるのではなく、体重も比較的多いです。なので、やせすぎだったり、
太りすぎだったりというよりは、理想的なバランスで体つきががっしりしていて、健康な体です。

 

毎日のランニングで足腰は鍛えられますし、重いシューズやボールを運んだりしますので、握力や二の腕の筋肉もしっかりしています。

 

低学年では身長が低かった人もだんだんと年数を重ねるにつれて指数関数的に伸びていきます。

 

なので、最初は背の順で並ぶとクラスの前の方だったバスケットプレーヤーが小学生の高学年になるとクラスの後ろの方に並んでいることも多いです。

 

もともと始めるときは低くてもやっていくうちに、努力していくうちに段々と伸びていきます。

 

特に小学生の4年生あたりで急激に伸びます。体つきもそのころをピークに他のスポーツをやっていない方に比べて大きくなります。

 

最近は背を伸ばすためのトレーニングも行われております。姿勢の勉強もさせられます。

 

食事と運動をすると体もどんどん大きくなるので、最初のうちは背が低くてもどんどん良くなるので、諦めずに始めてほしいですし、
背が仮に小さくてもそれをうまく利用すればチームのために良いプレーができると思うので、シュートを打つのではなく、ボールを回す役割も担うのもよいです。

 

続きを読む≫ 2016/10/28 01:51:28

小さい頃から身体を動かすことが大好きだった息子は、中学生になるとバレー部に入部しました。

 

友達も一緒に入部したので楽しくバレーを練習していましたが、夏休みが終わると息子の友人たちは一気に身長が伸びていて驚きました。

 

バレーボールは技術も大切ですが、やはり身長が高いことによってダイナミックなサーブが打てるようになるので大きな強みになります。

 

レギュラー選手に選ばれる人のほとんどが背が高い人たちなので、息子も少しでも早く背が高くなりたいといって、牛乳を飲んだりカルシウムを頻繁にとるようにしていました。

 

子供の頑張りをほほえましくみていましたが、ある時、メジャーでも活躍するプロ野球選手が身体づくりは食事も大切だが、それと同じくらい身体を成長させるために必要なサプリメントを摂取していると知りました。

 

メジャーリーグで活躍すると、外国人選手に比べて日本人選手は小柄に見えてしまいますが、その選手が外国人選手にも引けを取らないくらい大きな身体で筋肉もしっかりついています。

 

やはり地道な努力が必要だということがわかり、息子にも身長が伸びたという口コミのあるサプリメントを進めてみることにしました。

 

最初は息子はサプリメントって薬じゃないの?と不満そうにしていましたが、実際に身長が伸びた人がいるということを教えてあげると、自分から飲み始めるようにしました。

 

1日1回、夕食の後に飲めばいいので、学校ではサプリメントを飲んでいることが友達にもばれないというところが良かったようです。

 

子供ですが、背が低いことを気にしていたので、こっそり努力しているところがかわいいと感じました。

 

サプリメントを飲み始めてから2か月ほどすると、毎日見るごとに成長しているのではないかというくらい、身長が伸びたので驚きました。

 

ちょうど成長期だったこともあり、毎晩眠るごとに背が高くなっているように感じるくらいでした。

 

急激に背が高くなったので、関節が痛いということもありましたが、ずっと背が高くなることは願っていたので、息子は嬉しそうな表情をしていました。

 

背が高くなったので、サーブを打つ時も以前よりもさらにパワフルになり、先輩でさえ止めることが難しいくらいのスピードのサーブを打つことができるようになりました。

 

中学1年生でありながらレギュラーメンバーにも選ばれましたし、毎日、朝練と学校が終わってからの放課後の訓練をして、部活に勤しんでいます。

 

続きを読む≫ 2016/10/05 15:49:05

 

 

知り合いの子供はずっとサッカーをやっておりゴールキーパーを担当していました。

 

レギュラーとして頑張っていますと言えれば良かったのですが、実はずっと補欠だったのです。先生に言わせると身体能力も高いようでしたし、ハートも強いということで評価もそこそこということでした。

 

ただ子供にはゴールキーパーとしてのマイナス点があり、それは身長が低いことです。

 

160cmくらいしかありませんでしたし、他の子が180cm近くもあったりする中、かなりのハンデなのは言うまでもありません。

 

ゴールキーパーは手足が長い方が有利なところがありますので、身長が低いというのは痛いところです。

 

ですからいっそのこそ他のポジションを検討してみてはどうかと伝えたこともあるのですが、本人はどうしてもゴールキーパーをやりたいとのことでした。

 

本人の希望を尊重しますのでそれ以上に何も言うことはできなかったものの、ただそのハンデがある中で頑張っていてもレギュラー入りはかなり難しいのではないかと思っていたのです。

 

しかしながら親としてはやはり応援をしたい気持ちもありどうにかしてあげたいと思っていましたが、そこで子供に与えるようになったのが身長が伸びるというサプリです。(うちは学校のママ友から教えてもらったフィジカルBというサプリを飲ませました)

 

とにかく背が低いという事実をどうにかしなければ先はないと思っていましたので、こうしたサプリで少しでも改善ができたら嬉しいという気持ちでした。

 

子供はもっとその思いが強いわけですから率先して飲むようになりましたし、本当に背が伸びてくれたら嬉しいと思っていたのです。

 

ただサプリを飲んだだけで本当に伸びるのか半信半疑の気持ちでもあったのですが、ところが目に見えて変化を実感できた時には親子そろってびっくりしました。

 

最初に気がついたのは子供と並んだ時です。わたし自身も子供と同じくらいの身長でしたから並ぶと大体同じ目線になっ
ていたのですが、それが子供の方が少し高くなっているように感じられました。

 

でも当の本人は背が伸びた意識もないようで勘違いかなと思っていたのです。

 

しかしながらその変化は勘違いではなく、後日の身長測定で成長していることが分かったのです。

 

何と5cmもいつの間にか背が伸びており驚きましたし子供もとても喜んでいました。

 

しかもそれからも成長は続き、嬉しいことにとうとうレギュラーに選ばれたのです。

 

最終的には175cmまで成長したのですが、こんなに成長することになるなんて思っていませんでしたし、子供はいろいろな意味で可能性を秘めているのだなと改めて感じた出来事でした。

続きを読む≫ 2016/09/29 15:47:29

小さい頃から身体を動かすことが大好きだった息子は、中学生になるとバレー部に入部しました。

 

友達も一緒に入部したので楽しくバレーを練習していましたが、夏休みが終わると息子の友人たちは一気に身長が伸びていて驚きました。

 

バレーボールは技術も大切ですが、やはり身長が高いことによってダイナミックなサーブが打てるようになるので大きな強みになります。

 

レギュラー選手に選ばれる人のほとんどが背が高い人たちなので、息子も少しでも早く背が高くなりたいといって、牛乳を飲んだりカルシウムを頻繁にとるようにしていました。

 

子供の頑張りをほほえましくみていましたが、ある時、メジャーでも活躍するプロ野球選手が身体づくりは食事も大切だが、それと同じくらい身体を成長させるために必要なサプリメントを摂取していると知りました。

 

メジャーリーグで活躍すると、外国人選手に比べて日本人選手は小柄に見えてしまいますが、その選手が外国人選手にも引けを取らないくらい大きな身体で筋肉もしっかりついています。

 

やはり地道な努力が必要だということがわかり、息子にも身長が伸びたという口コミのあるサプリメントを進めてみることにしました。

 

最初は息子はサプリメントって薬じゃないの?と不満そうにしていましたが、実際に身長が伸びた人がいるということを教えてあげると、自分から飲み始めるようにしました。

 

1日1回、夕食の後に飲めばいいので、学校ではサプリメントを飲んでいることが友達にもばれないというところが良かったようです。

 

子供ですが、背が低いことを気にしていたので、こっそり努力しているところがかわいいと感じました。

 

サプリメントを飲み始めてから2か月ほどすると、毎日見るごとに成長しているのではないかというくらい、身長が伸びたので驚きました。

 

ちょうど成長期だったこともあり、毎晩眠るごとに背が高くなっているように感じるくらいでした。

 

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

急激に背が高くなったので、関節が痛いということもありましたが、ずっと背が高くなることは願っていたので、息子は嬉しそうな表情をしていました。

 

背が高くなったので、サーブを打つ時も以前よりもさらにパワフルになり、先輩でさえ止めることが難しいくらいのスピードのサーブを打つことができるようになりました。

 

中学1年生でありながらレギュラーメンバーにも選ばれましたし、毎日、朝練と学校が終わってからの放課後の訓練をして、部活に勤しんでいます。

続きを読む≫ 2016/09/25 15:49:25

バスケをしている中学生の身長はどれくらいなのでしょうか?

 

全国の平均というのは公表されていませんが(やはり強豪校、できたばかりのチームで全然かわってくるかと思います)

 

ただ、いろいろなチーム、学校をみるかぎりチーム内の平均身長は170cm前後が多いかと思います。

 

ちなみに中学生の日本代表(U-15)となると平均183cmとなっています。。。

 

 

ポジションでも大きくかわってきますが

 

ガード(ポイントガード、シューティングガード)でも最低175cmぐらいはあるようです。
センターでは190cmの人もいます。

 

身長が低いからダメだということは全くありませんが、やはりバスケの場合、技術以前に身長が高いというのは

 

有利にはなるようです。

 

身長が低い分スピードや技術で補うことはできますが

 

技術はもちろん、身長も高ければ最強です。

 

バスケをしていない人でも中学生になると、少しずつ体格に個人差ができ始め、特に身長が低い生徒は少しでも大きくなりたいと思う年頃ではないでしょうか。

 

私自身、小学生高学年頃には、ティーン向け雑誌などで目にするスラッと足の長い同世代の子を見て、同じようになりたい、少しでも大きくなりたいと思うようになった記憶があります。

 

そして、背を大きくなるためにどうすれば良いか、実際に両親に尋ねてみたような記憶があります。

 

そんな時によく耳にするのが、『バスケットボールをすると身長が伸びる』というフレーズです。

 

実際にバスケットボール選手を見てみると、確かに背が高い選手が多くいるので、そのように言われるゆえんかもしれません。

 

しかしながら、本当に『バスケットボールをしていたから身長が伸びた』のでしょうか。

 

今回はバスケットボールをしている中学生の身長は実際にどのくらいであるかについて、書いていきたいと思います。

 

中学生は冒頭にも書いたとおり、体格に個人差ができ始めます。

 

これは、中学生の年齢12歳から15歳の期間が最も成長ホルモンが出る時期に当たるためと言われています。

 

身近でも1年に20センチ近くも伸びたという子から3〜4センチしか伸びなかったという子まで、様々でした。

 

では、こうした中学生12歳から15歳でバスケットをしている子とそうでない子とで成長に差が出来るのかということについては残念ながら、因果関係ははっきりしていません。

 

しかしながら、スポーツを日常的にしていることで、身長の伸びを促すとされている下記の項目をクリアするため、結果的に背が伸びるということに繋がるのかもしれません。

 

成長に必要なことは、

 

@十分な睡眠

 

Aしっかりと栄養を取る

 

B適度な運動です。

 

運動をすることで空腹を感じ、しっかりと栄養を取る。そして運動の疲労からしっかりとした睡眠をとる。

 

というゴールデンサイクルが成長ホルモンが出るとされている年齢に十分な効果を与えているのかもしれません。

 

しかしながら、このゴールデンサイクルが効果を与える成長ホルモンについても、大きく個人差があるため、

 

12歳から15歳の頃に限って、@十分な睡眠をとる、Aしっかりと栄養を取る、B適度な運動をするのではなく

 

成長ホルモンが分泌されているとされる思春期から18歳ごろまで継続的にこのゴールデンサイクルを意識することで大きくなりたいという子供たちの夢を叶えることに繋がるのではないでしょうか。

 

 

やはり中学生でも強豪校のトップ選手になると技術以外にも身長は重要になってくるようです。

 

身長に悩んでいる中学生にぜひこちらの成長サポート飲料をおすすめしたいです。

 

背が伸びるサプリ【フィジカルB】

 

ともママの子供も実際に5cm伸びました。今なら30日間全額返金保証もついていますので試してみたらいかがでしょうか?

 

 

 

トップページ

続きを読む≫ 2016/09/21 06:54:21

子供の身長を伸ばすにはサプリを活用することも検討すると良いです。

 

子供の身長を伸ばすためには生活習慣を見直すことも必要です。

 

成長に必要不可欠な要素には睡眠、運動、食事があります。

 

5歳から12歳までの幼稚園から小学生までの推奨の睡眠時間は10時間から11時間です。身長は寝ている間に伸びるものなので寝ている時間を増やすことが必要です。

 

睡眠も成長に必要な時間帯に寝ていることが大切で、夜の10時から翌2時までの4時間は最も成長ホルモンが分泌される時間帯なのでこの時間帯に寝ているようにします。

 

適度な運動も必要です。

 

運動をすると体を発育させようとして成長ホルモンが活発に出てきます。

 

成長ホルモンが成長を促すのです。運動はハードなものではなくてもよく水泳などは良い運動になります。

 

食事については、アルギニンを摂取するような献立が良いです。

 

厚着人は成長ホルモンを活発にする成分でアルギニンが多く含まれている食材は大豆、アーモンド、くるみ、クロマグロ、豚ロース、牛ひき肉、ゴマなどです。

 

特に摂取したいのは大豆で大豆には成長に必要なタンパク質も豊富でアルギニンと一緒に体に取り込むことができます。

 

食事が大切なことはわかっていても、これらの栄養分を子供が摂取するのは難しい場合があります。そんな場合はサプリメントを活用します。

 

身長を伸ばすサプリは数多く発売されていますが、選ぶポイントは成長ホルモンを活発にするアルギニンが含まれてることです。

 

アルギニンには成長ホルモンを分泌させる以外にも筋肉がつきやすくなったり、免疫力を強化したり、疲労回復効果も期待できます。

 

成長ホルモン以外にも子供成長に必要なのは甲状腺ホルモンです。

 

ホルモンを活発にさせるために役立つのはヨウ素とLチロシンで、ヨウ素は海藻などに含まれるミネラルのひとつで、アミノ酸の一種のLチロシンはストレスやうつ的な症状を抑える効果が期待できます。

 

甲状腺ホルモンが活発に分泌されると新陳代謝が高まり、骨の成長スピードが速くなり身長も伸びやすくなるのです。またメラトニンが含まれることも必要です。

 

メラトニンは睡眠効果があり沢山寝ることを目的に摂ると良いです。

 

サプリを選ぶ際にはカルシウムだけでは成長ホルモンなどを活発にすることはできません。

 

ミネラルと良質なタンパク質やコラーゲンなどの骨をつくる栄養成分が配合されているものや、アルギニンなどの成長ホルモンを活発化させることができる栄養素が配合されているタイプを選ぶことがポイントです。

続きを読む≫ 2016/08/28 17:53:28

 

 

バレーの場合には、みな身長が高いイメージがあります。

 

また、セッターの場合に背が少し低いことで悩んでいる方もいるでしょう。

 

しかし、セッターの場合には、技術力が高い選手が選ばれる傾向もあるため、
背が低い場合でも選ばれた場合には、それは、技術力がそれなりに認められていると思っても過言ではないでしょう。

 

ですが、ある程度背の低さを何とかしたいという場合には、日々の生活を見直すところから始めるといいでしょう。

 

スポーツをやっているため、運動不足ということはないでしょう。

 

そのため、運動不足の方がなりがちな血行不良、代謝機能の低下などの心配はないと考えていいはずです。

 

そのためそのほかの、生活リズムの乱れなどに焦点をあてるといいでしょう。

 

生活リズムが崩れていると、睡眠不足に陥りやすく、寝不足などに悩む方もいます。

 

自律神経が乱れたり、ホルモンバランスの乱れなど、睡眠不足の影響はかなり大きいものと考えるべきです。

 

身長を伸ばすためには、適度な運動に加え、生活リズムをととのえ、しっかりと睡眠を取ることが重要です。

 

成長ホルモンなどの影響は、睡眠時などにかなりの影響を受けるため、質の良い睡眠がとれるように生活を改善していきましょう。

 

また身長を伸ばしたい場合には、食事も重要なポイントといえます。

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

体をつくるため、また、活動するためのエネルギー、そして体の機能を正常に作用させるには、栄養不足は厳禁です。

 

しっかりとバランスのよい食事をとることを心がけ、体のすみずみまで栄養がいきわたるように、また栄養が不足しないように、食生活を改善していきましょう。

 

生活習慣や食生活は、健康を維持するためにも重要といえますが、自分の体の成長のためにもまた、重要なことでもあります。

 

その他にも、精神的な面においても、自律神経やホルモンバランスを乱すことがあります。

 

ストレスが溜まりすぎてしまうとそのような乱れが生じてしまうため、これも健康面においても、成長の面においてもあまりいい影響を与えません。

 

ストレスは生活をしている上で、どうしても感じてしまうものです。

 

ですが、それを溜め込まないように、自分でうまく精神をコントロールすること、また、休日などを利用して気分をリフレッシュすることなども必要です。

 

また、深く悩まず、周囲に助けを求めたり、なんでも相談できる友人や知人をつくることも、ストレスをためないためには有効です。

 

さまざまな対策、改善をしていき、身長が伸びるような生活環境を作り出すことが大切です。

 

続きを読む≫ 2016/08/02 15:45:02

プロ野球を目指す場合、その多くの選手が小学校から中学生の間で、すでに頭角を現しています。

 

例えば、高校生を見てみると、1年生からレギュラーという大型の選手も珍しくはありません。つまり、つい4か月前までは中学生だった少年が、堂々とレギュラーを張っているということです。

 

そして、その多くの選手が上級生に劣らない体格を持っているということです。

 

将来、自分の子供をプロや高校のレギュラー選手に育てたいと思っている場合、技術もさることながら、いかに体を大きくするかに頭を悩ませている人も少なくありません。

 

ちなみに、13歳男子の平均は159.5cm、15歳だと169.2cmだそうです。実に中学3年間で10cm近く伸びたことになります。野球選手の場合、当然、この平均を上回る伸びを中学3年間のうちに達成したいものです。

 

というのも、16歳から18歳までの身長の伸びを平均身長でみると169.9cmから171.0cm伸びており、伸び幅は約1cmしかないのです。

 

もちろん、身長の伸びは個人差があり、高校生になって急激に伸びる人もいますので、一概には言えないのですが、少なくとも中学時代の方が伸びやすいことは確かです。

 

中学校で野球をやっている少年の身長は、他の中学生とあまり変わりません。

 

むしろ、バスケットボールやバレーボールをやっている少年の方が圧倒的に高いことがわかります。

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

 

しかしながら、強豪校のレギュラー選手になると、極端に高くなり、1年生で165cm、2年生で170cm、3年生で175cmになります。つまり、何もやっていない少年の平均身長より約5cm高いことがわかります。

 

また、某プロチームの主力選手の中学3年生時の平均を調べてみると、178cmでした。つまり、将来プロに進む場合は、強豪校の3年生の平均からさらに3cm高い178cnが平均レベルだということがわかります。

 

中学生の時に、背が伸びやすいのは、成長ホルモンが分泌されるからです。

 

逆に言えば、成長ホルモンが分泌されやすい環境を作れば、背は伸びるということになります。

 

そこで、大切なのが睡眠と食生活です。

 

食生活については、たんぱく質を中心としたバランスの良く栄養を摂ることが重要ですし、何より、睡眠をしっかりと取ることが大切です。
特に、午後20時から午前2時までは成長ホルモンが分泌しやすい時間帯ですから、この間に睡眠ができるよう固定し、生活習慣を考えていくと、無理なく背を伸ばすことができます。

 

中学時代に、野球に必要な体格を作ることは、将来の選手生活を考えると、とても大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"

続きを読む≫ 2016/07/13 07:36:13