野球をしている中学生の身長はどれくらい?(学年別)

 

野球をしている中学生の身長はどれくらい?

プロ野球を目指す場合、その多くの選手が小学校から中学生の間で、すでに頭角を現しています。

 

例えば、高校生を見てみると、1年生からレギュラーという大型の選手も珍しくはありません。つまり、つい4か月前までは中学生だった少年が、堂々とレギュラーを張っているということです。

 

そして、その多くの選手が上級生に劣らない体格を持っているということです。

 

将来、自分の子供をプロや高校のレギュラー選手に育てたいと思っている場合、技術もさることながら、いかに体を大きくするかに頭を悩ませている人も少なくありません。

 

ちなみに、13歳男子の平均は159.5cm、15歳だと169.2cmだそうです。実に中学3年間で10cm近く伸びたことになります。野球選手の場合、当然、この平均を上回る伸びを中学3年間のうちに達成したいものです。

 

というのも、16歳から18歳までの身長の伸びを平均身長でみると169.9cmから171.0cm伸びており、伸び幅は約1cmしかないのです。

 

もちろん、身長の伸びは個人差があり、高校生になって急激に伸びる人もいますので、一概には言えないのですが、少なくとも中学時代の方が伸びやすいことは確かです。

 

中学校で野球をやっている少年の身長は、他の中学生とあまり変わりません。

 

むしろ、バスケットボールやバレーボールをやっている少年の方が圧倒的に高いことがわかります。

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

 

しかしながら、強豪校のレギュラー選手になると、極端に高くなり、1年生で165cm、2年生で170cm、3年生で175cmになります。つまり、何もやっていない少年の平均身長より約5cm高いことがわかります。

 

また、某プロチームの主力選手の中学3年生時の平均を調べてみると、178cmでした。つまり、将来プロに進む場合は、強豪校の3年生の平均からさらに3cm高い178cnが平均レベルだということがわかります。

 

中学生の時に、背が伸びやすいのは、成長ホルモンが分泌されるからです。

 

逆に言えば、成長ホルモンが分泌されやすい環境を作れば、背は伸びるということになります。

 

そこで、大切なのが睡眠と食生活です。

 

食生活については、たんぱく質を中心としたバランスの良く栄養を摂ることが重要ですし、何より、睡眠をしっかりと取ることが大切です。
特に、午後20時から午前2時までは成長ホルモンが分泌しやすい時間帯ですから、この間に睡眠ができるよう固定し、生活習慣を考えていくと、無理なく背を伸ばすことができます。

 

中学時代に、野球に必要な体格を作ることは、将来の選手生活を考えると、とても大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"

関連ページ

身長を伸ばすためにサプリをおすすめする理由
ともママが「フィジカルB」をおすすめする理由
いろいろ試した結果これがおすすめ!子供の身長を伸ばすサプリ
栄養をとることとバランスが子供の背を伸ばすにはやはり大事
バスケットボールをしている中学生の身長はどれくらい?
小学生から筋トレすると身長が伸びない?
子供がスポーツするのに身長は必要?
バレーをしているうちの子。これでレギュラーに選ばれました
バスケをしているうちの子。これで身長が伸びレギュラーに!
バスケでポジションがガードの君へ!中学生から身長を伸ばす
サッカーでポジションがキーパーの君へ!身長を伸ばす秘訣
バレーをしてるセッターの君へ!身長を伸ばす秘訣
バレーをしているうちの子。背が伸びレギュラーになれた理由
ゴールキーパーをしているうちの子。レギュラーになれた理由
バレーをしている中学生の身長はどれくらい?(学年別)2017年
野球をしている小学生の身長はどれくらい?
バレーボールをしている小学生の身長はどれくらい?(学年別)
サッカーをしている中学生の身長はどれくらい?
サッカーをしている小学生の身長はどれくらい?
バスケットボールをしている小学生の身長はどれくらい?