食事・栄養と身長を伸ばすことの関連情報

 

子供の身長を伸ばしたいと考えた時に親ができる事は、環境を整えておく事です。
身長を伸ばす為に必要になってくるのが、栄養と睡眠と運動です。

 

栄養といえば、牛乳や乳製品を積極的に食べておけば良いと考える人は少なくありません。
牛乳等に多く含まれているカルシウムは、丈夫な骨を作る為には有効ですが、骨を伸ばしたりしていく効果はありません。

 

丈夫な骨を作りたいと考えた場合には有効な成分の為、積極的に摂取をしておく事は成長の為には有効です。
ですが、身長を伸ばしたいと考えているのであれば、身体を作るために必要なタンパク質等の栄養素もしっかりと摂取しておく事が重要になってきます。

 

子育てママが選ぶ!子供の身長を伸ばしたいと思ったらこのサプリ

 

ですから、ただカルシウムの摂取を考えた食事を作るのではなく、栄養バランスを意識した食生活を心がけておく事が大切です。
更に、身体に成長に欠かせないのが成長ホルモンです。

 

成長ホルモンというのは、睡眠中や運動をした時等に活発に分泌されるものです。
年齢が上がるにつれ、夜更かしをしたがるようになる事は少なくありません。

 

ですが、睡眠時間が短くなると、成長ホルモンの分泌に影響が出てしまう可能性があります。
成長ホルモンをしっかりと分泌させたいのであれば、22時から2時の4時間を睡眠時間にあてる事が重要になってきます。

 

この時間にしっかりと眠る習慣をつける、毎日6時間以上は眠る習慣をつけるようにする事で、成長ホルモンがしっかりと分泌しやすい状態を作っていく事が出来ます。

 

その為、夜更かしをせずに、しっかりと眠りやすい環境作りをしておく事が大切です。
そして、もう一つさせておいて損がないのが運動です。

 

運動が苦手な子供というのは少なくありません。
ですが、ジャンプをしたりする縦方向の運動をする事によって、成長ホルモンが活発に分泌されやすい状態を作れます。

 

その為、運動に興味を持ちやすい環境を作るようにしておく事がおすすめです。
勿論、運動に関しての好き嫌いは個人差があります。

 

無理強いをすると運動嫌いになってしまう可能性があるので、無理強いはせずに、楽しく体を動かせる方法を提案していくと良いでしょう。
それにより、自然に成長ホルモンが多く分泌されやすい状態を作っていく事が出来ます。

 

子供の身長は遺伝によって決まると考えてしまう人は少なくありません。

 

ですが、親が栄養バランスがとれた食事を用意する、睡眠時間をしっかりと確保しやすい状態を作る、運動を楽しみやすい状態を作る等、出来る環境作りをしておく事で、子供の身長が伸びる可能性を高めていく事が出来ます。

 

続きを読む≫ 2016/11/15 15:17:15

子供の身長が伸びる理想の食事を心がけることで、成長に必要なサポートに役立つことになります。

 

1日に30種類の食材の品目を食べるという、かなりストイックなことも言われることはありますが、それを毎日夕食だけであっても、実践するのはかなり大変なことです。

 

要は背が伸びるための栄養素を、効率よく摂取できればいいわけですから、コツを抑えて献立にも活用するのがいい方法となります。

 

まだ成長段階のキッズ立ちでありますので、背が伸びる可能性は十分にあります。

 

その必要栄養素として、カルシウムは欠かすことはできないですし、骨太な健康体のためには、カルシウムを食材から摂取するのは重要なことです。

 

体内のカルシウムが不足をすると、骨から溶け出すカルシウムが出てくるので、余計に不足になりやすいです。

 

食事には骨を丈夫にするためにも、小魚などを取り入れて、骨を丈夫にしましょう。夕食には牛乳よりも、小魚を入れたほうが健康的です。

 

マグネシウムの栄養も背を伸ばすためには必須の栄養であり、マグネシウムの不足はカルシウムの不足にもなります。

 

子育てママが選ぶ!子供の身長を伸ばしたいと思ったらこのサプリ

 

 

夕食の献立にはマグネシウムも意識をするとして、白米を玄米に切り替えてみたり、しらす干しやアーモンドを取り入れてみてもいいでしょう。

 

プラスで骨関係に必要なのは、ビタミンDの栄養成分です、丈夫な骨を成長させるために、ビタミンDの栄養が欠かせないものです。

 

タンパク質合成にも関わりますが、骨の成長と健康にはビタミンDがないことには始まりません。

 

夕食メニューは洋食も多くなった日本ですが、和食をメインして小魚を豊富に取り入れた献立で、ビタミンDをたっぷりと摂取して、丈夫な骨を成長させて行きましょう。

 

さらに小魚をしっかり食べるようにしたら、外へ出てよく遊んで、体を動かすことも大事なことです。

 

背を順調に伸ばしていくためには、良質なたんぱく質の栄養を摂取しましょう。骨を作るためのベースにもなりますし、体内からの成長ホルモンの分泌を促進させるのも、良質なたんぱく質の成せる技であります。

 

健康な骨のために必要なタンパク質は、人間のほとんどの細胞も作り上げている栄養成分です。

 

タンパク質なくして、丈夫な健康体はないほど重要なので、夕食には毎食でもタンパク質を入れたいくらいです。

 

タンパク質の食材は豊富であり、カロリーが低くて高タンパク質といえば、鶏ささみ肉は良い食材でしょう。

 

それから大豆食材も良い食べ物であり、納豆や豆腐も夕食に使いましょう。

 

子供の身長を伸ばす!おすすめサプリランキング

続きを読む≫ 2016/10/28 02:09:28

子供の身長を伸ばすには当然のことながら食事が重要になります。

 

昔から子供の身長を伸ばすにはカルシウムが必要だと言われ続け、牛乳を多く飲む光景が見られました。

 

しかし、カルシウムだけでは身長をそこまで伸ばすということはできません。

 

ここで大事なのは、タンパク質の存在です。

 

背が伸びるということは骨を伸ばすことであり、骨を伸ばすには骨の末端部分にある骨端線が重要な意味を成します。

 

軟骨細胞がこの部分には集まっており、成長ホルモンなどによって増殖し、段々と積み重なって成長していきます。

 

この軟骨細胞の原料となるのがタンパク質なのです。

 

カルシウムはこれらによってできた骨を硬くする効果があり、骨を硬くするために飲むことが奨励されています。

 

ここで大事になるのが朝食です。

 

一般の子供の場合、朝食は軽く済ませるケースがほとんどで、場合によっては朝食を食べないという人もいます。

 

しかし、成長する子供の多くは朝からがっつり食べる人で、朝食でタンパク質をたくさん摂取するケースが目立ちます。

 

納豆や魚、卵などには多くのタンパク質が含まれており、こうした食事を行うことで身長が伸びるようになっていきます。

 

背を伸ばす食事としては亜鉛というのも無視はできません。

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

 

亜鉛はピーナッツや納豆、ゴマなどに多く含まれています。
タンパク質と亜鉛をふんだんに補給し、運動をして睡眠をしっかりとることで身長は遺伝に負けず伸び続ける傾向にあります。

 

朝食として理想的な食事としては、ごはん、納豆、卵、魚などの存在に加え、ゴマなど亜鉛を使ったものを加えることが求められます。

 

青菜にゴマを加えたものであれば緑黄色野菜を食べることもでき、亜鉛も摂取することができます。

 

亜鉛自体はサプリメントで補給することも当然できますが、食事の中で自然に摂取していくことが子供の段階では重要です。

 

亜鉛は牡蠣やウナギのかば焼きなどにも入っていますが、朝から食べるのにはいささか不適切であり、現実的なことを考えればゴマや納豆、亜鉛が多く入った飲み物を摂取するぐらいがちょうどいいです。

 

こうした時間がなかなかとれない、共働きのような家の場合には卵焼きや味噌汁、豆腐を使った料理などで代用していくということもできます。とにかくタンパク質を摂取するための工夫が求められます。

 

夕食になると睡眠のことを考えてあまり無理なことはできません。しかし、朝食は1日を左右するため、しっかりと栄養補給するようなものが求められます。

 

子供の身長を伸ばす!おすすめサプリランキング

続きを読む≫ 2016/10/28 02:07:28

身長アップさせるためには、質の良い睡眠と伸ばすのに必要な栄養素を取り入れていくことが大切です。
身長をアップさせるために特に重要な栄養素としては「カルシウム」「マグネシウム」「ビタミンD」「タンパク質」などが挙げられます。

 

まず土台となる骨を作るのがタンパク質から作られるコラーゲンです。
その上にカルシウムやリンがつくことによって硬く丈夫な骨になっていきます。

 

マグネシウムが骨の強度や弾力性を調節してき健康を維持します。
加えてビタミンDを摂取することによって小腸でカルシムの吸収を促進させることができます。

 

また、ビタミンKを取り入れることで土台である骨にカルシウムをつけて石灰化を促進させて、カルシウムが出ていくことを防ぐことが可能です。
他にも、ビタミンCやミネラルなどがコラーゲンの生成に関わってきますし、葉酸やビタミンB群を摂取することによってコラーゲン同士を組み立てることにつながります。

 

効果的な栄養素であるこれらを摂取するには、バランスの良い食生活を心がけることが大切です。
タンパク質は肉類や魚類、卵や豆類、乳製品などに含まれています。

 

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

身長を伸ばすには必要な栄養ですが、同時に脂質も多く含まれているため摂取量には気をつける必要があります。
カルシウムはワカメやシラス、干しエビなどの海産物や乳製品、小松菜やチンゲン菜など野菜類、大豆製品やゴマなどに多く含まれています。

 

マグネシウムはカルシウムとバランスよく摂取することが大切です。
牡蠣やアーモンド、落花生や大豆、ほうれん草などに含まれていますが、カルシウムとは1:2の割合で働くためこの割合を意識しながら食べることが必要です。

 

ビタミンDはしらす干しやイワシ、いくらなどに含まれているほか、野菜ではキノコ類などにも含まれています。
特に多いのが舞茸ですので、なるべく意識して取り入れていきます。
食事を気をつける以外にも適度に運動をしたり、しっかり睡眠をとることなども大切です。

 

 

子供の背を伸ばしたい!おすすめサプリランキング

 

続きを読む≫ 2016/10/09 10:46:09

子供の身長が伸びるのには個人差がありますので、早くから伸びる子もいれば、高校生くらいになってから伸びる子もいますので、あまり焦らなくてもいいでしょう。

 

しかし焦らなくてもいいとはいっても、親からしてみると、周りの同年代の子供はどんどん身長が伸びているというのに、我が子は伸びが悪くどんどんおいていかれている気がすると思うのであれば、焦るのは当たり前かもしれません。

 

女の子であれば、小さくてもかわいいと言ってもらうことが出来ますが、男の子の場合は、あまりにも小さいと将来が心配になってしまいます。

 

身長の低い男性が好きだと言ってくれる女性もいますが、大多数の女性は背の高い男性に惹かれるようになるのが一般的です。

 

我が子のことを思うからには、何とかして身長を伸ばす手助けをしてあげたいと思いますので、背が伸びた子を持つママにその方法を教えてもらいたいものです。

 

背を伸ばす秘訣としては、食べるものや飲むものなど、体に取り込むものに気を付けるようにしてみるといいでしょう。

 

定番のものとしては、牛乳が思い浮かぶ人も多いですが、牛乳の中に背を伸ばすためのカルシウムが含まれていますが、これはたくさん摂取すればいいというものでもありません。

 

 

 

摂取する量の目安としては、一日に400ccから600cc程度が適量とされていますので、この量を守るようにしたほうがいいでしょう。

 

これ以上摂取してしまえばせっかく摂取したカルシウムが溶けだしてしまうことがありますので、摂取しすぎはよくないのです。

 

カルシウム以外にも取り入れておきたいのは、たんぱく質です。

 

たんぱく質は骨を成長させるのに必要な成分でもありますので、カルシウム同様取り入れていくようにしなくてはなりません。

 

たんぱく質は肉や魚などに含まれていますので、食事の中に取り入れていくようにしましょう。

 

そしてマグネシウムも取り入れることで、効率よくカルシウムを取り入れていくことが出来るようになります。

 

マグネシウムを摂取しなければカルシウムがうまく体に吸収していくことが出来ませんので、マグネシウムの摂取はとても重要です。

 

子供の身長を伸ばしたいのであれば、偏った食事にならないようにしなくてはなりません。

 

嫌いなものは無理に食べさせたくないと思うかもしれませんが、子供のためを思うのであれば、食べさせるようにしたほうがいいでしょう。

 

栄養バランスを考えて必要なものを食事に取り入れてあげたいものです。

 

続きを読む≫ 2016/09/25 12:56:25

子供の身長は親の遺伝によって左右されることがありますが、それだけではありません。

 

食事や運動環境によって身長を伸ばすことが十分可能です。

 

食事については、脂っこく塩分の高い食べ物を控えるのはもちろんですが、バランスの取れた食事にすることが最も基本的なところです。
肉ばかりではなく、野菜ばかりでもなく、いろんな栄養素を体の中に吸収させるのです。

 

子育てママが選ぶ!子供の身長を伸ばしたいと思ったらこのサプリ

 

身長を伸ばすためによくカルシウムを取り入れればいいと思い、牛乳だけを飲んでいることがありますが、そのような1つにこだわって栄養素を取り入れるのではなく、いろんな食べ物を食べた方が身長が伸びやすくなる方法への近道です。

 

そのほかに重要なことは、習慣づけることです。

 

よくカップラーメンばかり食べている人がいますが、そういった人は体調を崩しやすいです。

 

添加物がたくさん入っているカップラーメンを食べ続けた習慣が原因です。

 

その悪い習慣を逆に考えると、バランスの良い食べ物を食べ続けていると病気にもなりにくく、子供の成長を伸ばすことができます。

 

どれくらい習慣的に行えばいいかというと、個人差もあります。

 

1か月や半年という方もいれば2年や3年かかる人もいます。

 

バランスの良い食べ物でも、子供が嫌いな食べ物で食べてくれないということがあります。

 

嫌いな食べ物を無理やり食べさせる親がいますが、それは相手のストレスをためるだけの行為なので控えた方がいいです。

 

料理のレシピを変えてみたり、値段が高いが品質の良い嫌いな食べ物に変更してみるなどいろいろ手段はあります。

 

ストレスは身長を伸ばすことへの障害でもあります。

 

そのため、嫌いな食べ物を無理やり食べさせてストレスを増幅させるような食事はやめましょう。

 

食事だけでなく、運動についても成長させるためには重要なことです。

 

子供ばかり運動させて親はただ傍観しているだけでは、運動を継続させることはなかなか難しいので、親子で一緒に体を動かすことを習慣化すればモチベーションが上がります。

 

仕事や家事で忙しく、面倒くさいという考えもありますが、苦労することで親子ともに成長するのです。

 

続きを読む≫ 2016/09/18 11:50:18

身長が低いことで悩んでいらっしゃる子供は多くいらっしゃいます。

 

そういう場合にはその子供の親も悩んでいる場合があります。

 

しかし親のちょっとした努力で背を伸ばすことができるということはあまり知られていません。

 

ここではその方法について紹介します。

 

まず食生活を改善することが良い方法とされています。

 

まずカルシウムを摂ることが必要です。

 

カルシウムには骨を丈夫にする働きがありますから、成長には欠かせません。

 

しかしこれだけをとっていれば良いというものではないのも事実です。

 

むしろカルシウムよりも背を伸ばすために重要な栄養素があります。

 

それはタンパク質です。

 

子供の骨と骨の間には骨端線と呼ばれる隙間がありますが、これは軟骨細胞が集まってできたものです。

 

これは成長ホルモンが働きかけることによって増殖を繰り返します。

 

このことが身長を伸ばすためには必要不可欠なのですが、軟骨細胞を作るためにはタンパク質が欠かせないのです。

 

ですからタンパク質は豆や肉、魚や卵から欠かさず摂取させるように心がけましょう。

 

また適度な運動も必ずさせるべきです。

 

これは体を動かすことで、先ほどにも述べた軟骨部分に栄養が行き渡るようになるからです。

 

加えて関節液の循環をよくしてくれる働きもあるので、骨の成長に一役買ってくれます。

 

おすすめは全身運動です。

 

特に水泳には体をひねったりそらしたりするなど色々な動きが必要とされますし、その上軟骨を傷つけるような動きはあまり必要としないので安心です。

 

一方で膝関節を酷使したりするスポーツは禁物です。

 

また睡眠も重要な要素の一つです。

 

寝る子は育つ、とはまさにその通りで、夜にぐっすり眠っている間に成長ホルモンは活発に分泌されます。

 

これはスポーツをしている時にも分泌されますが、睡眠時の方がその量はより多いとされています。

 

また思春期の到来を遅らせるということも効果的だということが最近ではわかってきました。

 

思春期になると性ホルモンが活発に分泌されて、精通や初潮が始まります。

 

しかしこの性ホルモンには身長の伸びを加速する一方で、骨を固めてしまう働きもあります。

 

思春期が1?2年遅くてもその分の伸びは後から取り返すことができるので、なるべく先延ばしにすることが身長を伸ばす上では良いことなのです。

 

日本人の思春期の到来は欧米に比べれば非常に早いとも言われています。

 

これを遅らせるためには睡眠をしっかりとり、小児肥満を避けることが肝心だとされています。

 

子育てママが選ぶ!子供の身長を伸ばしたいと思ったらこのサプリ

続きを読む≫ 2016/09/11 11:56:11

子供の身長について悩んでいる保護者の方は多いと思います。

 

遺伝の関係で中々伸びなかったり、今まで伸びなかったのに突然中学生や高校生になり突然伸びたなどの意見もありますが、小さい頃から悩まずにバランスよく子供の身長を伸ばす方法をご紹介します。

 

まず一番大切なことは、小さい頃から意識して基本的な正しい生活リズムを作ることです。

 

身長を伸ばすには、睡眠・栄養・運動の3大要素のバランスがかなり重要になってきます。

 

テレビなどは早めに消し、夜遅くまで起きずに早寝早起きをし、昼間に学校や公園などで適度な運動をし、適切な栄養を取ることが大切です。

 

睡眠は小学生なら9時ごろまでには布団にはいり、8時間〜9時間の睡眠を取ることが必要です。

 

体が成長するホルモンは深夜の2時〜3時ごろに一番よく出ると言われています。

 

その時間にしっかり睡眠をとることで体も休まり、翌日よく動くことができます。

 

「寝る子は育つ」という言葉が昔からあるように、よく寝てしっかりと動くことで成長ホルモンが活性化してき、体が大きくなります。

 

栄養面では、最近では多くのサプリメントが出ているのでそれを活用するのも一つの手ですが、どうしても子供にサプリメントを飲ませることに抵抗がある場合は、日々の食事を高たんぱく低カロリーのものを心掛けることで子供の成長につなげることが出来ます。

 

最近ではファーストフードなど安い外食メニューが増えており、気軽に外で簡単な食事を取ることができ、栄養のある食べ物が増えていますが、糖分や油分の多い外食メニューは、カロリーの摂りすぎにつながります。

 

余分なカロリーを取りすぎると身体はどんどん太り始め、肥満は身長を伸ばすためのマイナス要因になります。

 

もちろん昔から言われているカルシウムを取ることも大切ですが、ただ牛乳を毎日飲んでいるからといって、それだけで伸びるわけではありません。

 

偏った栄養はバランスが崩れてしまうので、それぞれを考慮しながらなるべく低カロリーを心掛けた食事を継続することが大切です。

 

そして運動面ですが、最近はゲームやスマートフォン文化が発達しており、自宅でも楽しめる要素が増えてしまい外で遊ぶ機会が減ってきています。

 

部屋に籠りきりになるのではなく、積極的に運動することで体を鍛えることが出来、骨を強くすることができます。

 

この3つを意識して毎日を過ごすことにより、子供の正しい成長につながり、より身長を伸ばすことができます。

 

続きを読む≫ 2016/09/05 11:06:05

子供の成長には、第一次成長期と第二次成長期があります。
どちらの場合でも共通して身長を伸ばすのに必要なのが、適度な運動、栄養、睡眠です。

 

栄養ばかり取っていても十分な睡眠がなければ身長は伸びません。
特に成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、質の高い睡眠を心掛けることが大切です。

 

成長ホルモンは睡眠に入って2時間後くらいから分泌されます。

 

規則正しい生活を心掛けることが成長を助けてくれるのです。

 

運動量が多すぎると成長が妨げられてしまいますので、激しいスポーツは避けたほうが良いでしょう。

 

栄養面から見た場合、成長にはカルシウムが大切だから牛乳をたくさん飲めばいいという話を聞いたことも多いのではないでしょうか。

 

もちろんカルシウムも大切ですが、ミネラルが非常に重要です。

 

カルシウムの吸収を助けるビタミンDやマグネシウムも摂取すると良いでしょう。

 

現代人はウインナーやハムのようにたくさんの加工食品を摂取しています。

 

しかしこうした食品の中にはリン酸化合物が含まれています。

 

リンはカルシウムの吸収を阻害していまいますので、過剰に加工食品を摂取することは避けたほうが良いでしょう。

 

ビタミンDは通常の食生活の中ではあまり不足することがない食品ですし、人間は光を浴びることによってビタミンDを合成することができます。

 

成長には太陽のもとで運動することが大切な理由の一つです。

 

また、アルギニンの摂取も大切です。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進してくれますので、効果的に身長を伸ばしてくれるでしょう。

 

アルギニンは大豆や肉類、アーモンドやくるみのようなナッツ類に多く含まれています。

 

普段の食事でこうした物質を摂取するのが難しい場合、サプリを利用するのも良いでしょう。

 

特にナッツ類や大豆にはアレルギー反応を示す子供もいますので、成長させるために過剰摂取させるのはよくありません。

 

アルギニンは疲労回復、筋肉の成長を助ける効果もあります。

 

また、オルニチン、グルタミン、ギャバなどのアミノ酸類も成長を助けてくれます。こうしたサプリは最近では普通に薬局で手に入れることができます。

 

もちろん食事の中でこうした物質が含まれる素材を使って摂取することも大切です。

 

成長に必要なのはバランスの良い食事ですので、あくまでもサプリは補助的な役割を果たすものとしてとらえ、過剰摂取はしないようにしましょう。

 

過度に摂取すると体内で濃度が高くなりすぎ、病気になってしまうものもあります。

 

"

続きを読む≫ 2016/08/07 15:43:07

アルギニンとはアミノ酸の一種で体内でも作れる栄養素です。

 

子供の身長を伸ばすと謳っているサプリメントもありますが、アルギニンが直接身長を伸ばすわけではありません。

 

この栄養素は成長ホルモンの分泌を促す働きがあるのです。

 

そのため、アルギニンを摂る、成長ホルモンが分泌される、イコール身長が伸びると解釈されがちなのです。

 

ですが、残念ながら、そこに科学的な根拠はありません。

 

確かに組織の生成を促すため、骨を伸ばしたり筋肉を良く作ったりする働きがありますし、代謝を促す働きがあるので、疲労を回復させ、脂肪を燃焼し、肌や筋肉の修復や再生を手伝う働きもあります。

 

そのため、エナジードリンクなどにも配合されています。

 

普段の食事で摂取するたんぱく質は腸で分解される時アンモニアを発生します。これは疲労の原因となる有害物質のため、尿素回路へ流れ、尿として排出されます。

 

これを無害化する働きのサポートもしますので、勉強にスポーツに遊びにと忙しい子供の疲労回復には一役買うかもしれません。

 

また、血管を拡張する働きがあるので、低体温や冷え性を患う子供には良いでしょう。低体温や冷え性はむくみだけでなく、免疫力を下げますので、総合的にみて、健康に成長するのに害をなすものの排除と言った意味では有効なのかもしれません。

 

では、成長ホルモンの分泌に必要なアルギニンの量はどのくらいかというと、体重1キログラムに対して0.5グラムです。市販のサプリメントには0.2グラムから0.5グラム含まれているので、体重20キロの子供だと1日に20粒から50粒摂取しなければならない計算になります。とても現実的ではありません。

 

医療用のアルギニン製剤を使えば成長ホルモンは確かに分泌しますが、血管から注入するという方法ですし、先に述べたように市販のサプリメントのような微量ではとてもではないですが、効果はのぞめません。

 

しかも、医療用も治療薬ではないので、低身長の方の治療に使用されることはないのです。やはり、普段の食事や生活習慣が大切なのです。

 

成長ホルモンは1日中分泌されています。

 

ただし、波があり時間帯や活動内容によって違ってきます。

 

ピークは夜10時から午前2時までです。この時間にしっかりと睡眠をとっているかどうかはとても大切な事です。

 

寝る子は育つのです。普段の食事も偏りなく、鶏、マグロ、エビなどに多く含まれますの積極的に取り入れ、その上でサプリメントを補助として子供に与えるのが良い方法です。

 

アルギニンが多く含まれる身長を伸ばすサプリはこちら

続きを読む≫ 2016/08/02 15:57:02

シトルリンはアミノ酸の一種であり、スーパーアミノ酸とも言われています。

 

スーパーアミノ酸と称される理由としては様々な効果がシトルリンに期待されているためで、子供の身長を伸ばすことなどにも使われています。

 

シトルリンが直接子供の身長を伸ばすような効果というのはないものの、アミノ酸としての働きとして成長ホルモンを出すことから、成長ホルモンを促す意味合いで使われることが多くなっています。

 

成長期の子供にシトルリンが与える影響として、まずは血管を広げてくれるという効果です。

 

血管が広がることで血流がよくなり、むくみなどが改善されやすくなったり、むくみになりにくい体にさせてくれます。

 

また、血管が広がり血流がよくなれば疲労物質がすぐに排除されるばかりか、酸素供給などが進み、疲労回復が早まることにもつながります。

 

そうなると、次の段階として持久力アップにもつながります。

 

乳酸などの疲労物質が出ることで疲れを覚えますが、血流がよくなれば疲労回復が早まることから持久力もその流れでよくなっていきます。

 

また、アルギニンのように肝臓で代謝がされないため、血中濃度が高くなりやすくなるのも特徴です。

 

これだけ効果の高い栄養素、成分である以上、食事などでどうにか補いたいと考えるのが普通ですが、シトルリンが含まれる食べ物はかなり限られており、きゅうりなどのウリ科の食べ物などに限られます。

 

元々スイカの種から発見された栄養素であることから、成分の安全性自体は保証されているものの、ごくわずかなのがデメリットです。アルギニンのように様々な食物に、しかも豊富に含まれているのとは対照的と言えます。

 

そのため、サプリメントでこの栄養素は補う必要があり、その量も子供の大きさに合わせ、適量の摂取が求められます。

 

身長に直接働きかけるものではなく、あくまで成長ホルモンを促すためのものであることから、これだけで身長を伸ばすということはできません。

 

睡眠やバランスのとれた栄養などをとっていくことで身長を伸ばすことができます。

 

ただ、それを少しでもサポートしたいという場合にサプリメントという形で補うことはできます。

 

また、疲労回復、持久力アップには抜群の効果を発揮することから、身長を伸ばす目的とは別に、疲労回復や持久力アップを目的とした形で摂取をしていくことが大切であり、その場合でも多く摂取しないよう、量には気を付けて体内に取り込むことが大切です。

 

続きを読む≫ 2016/08/02 15:43:02