子供の身長が伸びる理想の食事とは?(朝食)

 

子供の身長が伸びる理想の食事とは?(朝食)

子供の身長を伸ばすには当然のことながら食事が重要になります。

 

昔から子供の身長を伸ばすにはカルシウムが必要だと言われ続け、牛乳を多く飲む光景が見られました。

 

しかし、カルシウムだけでは身長をそこまで伸ばすということはできません。

 

ここで大事なのは、タンパク質の存在です。

 

背が伸びるということは骨を伸ばすことであり、骨を伸ばすには骨の末端部分にある骨端線が重要な意味を成します。

 

軟骨細胞がこの部分には集まっており、成長ホルモンなどによって増殖し、段々と積み重なって成長していきます。

 

この軟骨細胞の原料となるのがタンパク質なのです。

 

カルシウムはこれらによってできた骨を硬くする効果があり、骨を硬くするために飲むことが奨励されています。

 

ここで大事になるのが朝食です。

 

一般の子供の場合、朝食は軽く済ませるケースがほとんどで、場合によっては朝食を食べないという人もいます。

 

しかし、成長する子供の多くは朝からがっつり食べる人で、朝食でタンパク質をたくさん摂取するケースが目立ちます。

 

納豆や魚、卵などには多くのタンパク質が含まれており、こうした食事を行うことで身長が伸びるようになっていきます。

 

背を伸ばす食事としては亜鉛というのも無視はできません。

 

子育てママが選ぶ!背が伸びる【フィジカルB】!

 

 

 

亜鉛はピーナッツや納豆、ゴマなどに多く含まれています。
タンパク質と亜鉛をふんだんに補給し、運動をして睡眠をしっかりとることで身長は遺伝に負けず伸び続ける傾向にあります。

 

朝食として理想的な食事としては、ごはん、納豆、卵、魚などの存在に加え、ゴマなど亜鉛を使ったものを加えることが求められます。

 

青菜にゴマを加えたものであれば緑黄色野菜を食べることもでき、亜鉛も摂取することができます。

 

亜鉛自体はサプリメントで補給することも当然できますが、食事の中で自然に摂取していくことが子供の段階では重要です。

 

亜鉛は牡蠣やウナギのかば焼きなどにも入っていますが、朝から食べるのにはいささか不適切であり、現実的なことを考えればゴマや納豆、亜鉛が多く入った飲み物を摂取するぐらいがちょうどいいです。

 

こうした時間がなかなかとれない、共働きのような家の場合には卵焼きや味噌汁、豆腐を使った料理などで代用していくということもできます。とにかくタンパク質を摂取するための工夫が求められます。

 

夕食になると睡眠のことを考えてあまり無理なことはできません。しかし、朝食は1日を左右するため、しっかりと栄養補給するようなものが求められます。

 

子供の身長を伸ばす!おすすめサプリランキング