子供の背を伸ばすにはやはり食生活の見直しから

 

子供の背を伸ばすにはやはり食生活の見直しから

子供の身長について悩んでいる保護者の方は多いと思います。

 

遺伝の関係で中々伸びなかったり、今まで伸びなかったのに突然中学生や高校生になり突然伸びたなどの意見もありますが、小さい頃から悩まずにバランスよく子供の身長を伸ばす方法をご紹介します。

 

まず一番大切なことは、小さい頃から意識して基本的な正しい生活リズムを作ることです。

 

身長を伸ばすには、睡眠・栄養・運動の3大要素のバランスがかなり重要になってきます。

 

テレビなどは早めに消し、夜遅くまで起きずに早寝早起きをし、昼間に学校や公園などで適度な運動をし、適切な栄養を取ることが大切です。

 

睡眠は小学生なら9時ごろまでには布団にはいり、8時間〜9時間の睡眠を取ることが必要です。

 

体が成長するホルモンは深夜の2時〜3時ごろに一番よく出ると言われています。

 

その時間にしっかり睡眠をとることで体も休まり、翌日よく動くことができます。

 

「寝る子は育つ」という言葉が昔からあるように、よく寝てしっかりと動くことで成長ホルモンが活性化してき、体が大きくなります。

 

栄養面では、最近では多くのサプリメントが出ているのでそれを活用するのも一つの手ですが、どうしても子供にサプリメントを飲ませることに抵抗がある場合は、日々の食事を高たんぱく低カロリーのものを心掛けることで子供の成長につなげることが出来ます。

 

最近ではファーストフードなど安い外食メニューが増えており、気軽に外で簡単な食事を取ることができ、栄養のある食べ物が増えていますが、糖分や油分の多い外食メニューは、カロリーの摂りすぎにつながります。

 

余分なカロリーを取りすぎると身体はどんどん太り始め、肥満は身長を伸ばすためのマイナス要因になります。

 

もちろん昔から言われているカルシウムを取ることも大切ですが、ただ牛乳を毎日飲んでいるからといって、それだけで伸びるわけではありません。

 

偏った栄養はバランスが崩れてしまうので、それぞれを考慮しながらなるべく低カロリーを心掛けた食事を継続することが大切です。

 

そして運動面ですが、最近はゲームやスマートフォン文化が発達しており、自宅でも楽しめる要素が増えてしまい外で遊ぶ機会が減ってきています。

 

部屋に籠りきりになるのではなく、積極的に運動することで体を鍛えることが出来、骨を強くすることができます。

 

この3つを意識して毎日を過ごすことにより、子供の正しい成長につながり、より身長を伸ばすことができます。