食生活を改善して運動したら子供の身長が伸びました!

 

食生活を改善して運動したら子供の身長が伸びました!

身長が低いことで悩んでいらっしゃる子供は多くいらっしゃいます。

 

そういう場合にはその子供の親も悩んでいる場合があります。

 

しかし親のちょっとした努力で背を伸ばすことができるということはあまり知られていません。

 

ここではその方法について紹介します。

 

まず食生活を改善することが良い方法とされています。

 

まずカルシウムを摂ることが必要です。

 

カルシウムには骨を丈夫にする働きがありますから、成長には欠かせません。

 

しかしこれだけをとっていれば良いというものではないのも事実です。

 

むしろカルシウムよりも背を伸ばすために重要な栄養素があります。

 

それはタンパク質です。

 

子供の骨と骨の間には骨端線と呼ばれる隙間がありますが、これは軟骨細胞が集まってできたものです。

 

これは成長ホルモンが働きかけることによって増殖を繰り返します。

 

このことが身長を伸ばすためには必要不可欠なのですが、軟骨細胞を作るためにはタンパク質が欠かせないのです。

 

ですからタンパク質は豆や肉、魚や卵から欠かさず摂取させるように心がけましょう。

 

また適度な運動も必ずさせるべきです。

 

これは体を動かすことで、先ほどにも述べた軟骨部分に栄養が行き渡るようになるからです。

 

加えて関節液の循環をよくしてくれる働きもあるので、骨の成長に一役買ってくれます。

 

おすすめは全身運動です。

 

特に水泳には体をひねったりそらしたりするなど色々な動きが必要とされますし、その上軟骨を傷つけるような動きはあまり必要としないので安心です。

 

一方で膝関節を酷使したりするスポーツは禁物です。

 

また睡眠も重要な要素の一つです。

 

寝る子は育つ、とはまさにその通りで、夜にぐっすり眠っている間に成長ホルモンは活発に分泌されます。

 

これはスポーツをしている時にも分泌されますが、睡眠時の方がその量はより多いとされています。

 

また思春期の到来を遅らせるということも効果的だということが最近ではわかってきました。

 

思春期になると性ホルモンが活発に分泌されて、精通や初潮が始まります。

 

しかしこの性ホルモンには身長の伸びを加速する一方で、骨を固めてしまう働きもあります。

 

思春期が1?2年遅くてもその分の伸びは後から取り返すことができるので、なるべく先延ばしにすることが身長を伸ばす上では良いことなのです。

 

日本人の思春期の到来は欧米に比べれば非常に早いとも言われています。

 

これを遅らせるためには睡眠をしっかりとり、小児肥満を避けることが肝心だとされています。

 

子育てママが選ぶ!子供の身長を伸ばしたいと思ったらこのサプリ